最新ニュース&トピックス

ワイト島の翼竜化石
2015年 8月 4日(火)
 英国ワイト島にある白亜紀前期の地層(Wessex Formation)で発見された翼竜化石が報告されています。

 最も前方の歯が上向きであり、オルニトケイルス類のColoborhynchus属の一種ではないかとされています。

 この属が見つかるのは、バレミアンのワイト島からは初めてとされています。
三畳紀、南アフリカでしか見つからない初期のリンコサウリア
2015年 8月 3日(月)
 リンコサウリア(Rhynchosauria)と言えば、三畳紀の植物食の主竜形類(archosauromorph)です。

 三畳紀後期(ノーリアン)に絶滅するまで、世界中に分布していました。

 今回、南アフリカにある三畳紀中期早期(アニシアン初期)の地層(カルー超層群)で発見された1つの頭骨化石から、新種が記載されています。

 Eohyosaurus wolvaardti (エオヒョサウルス・ウォルバールデチ)と命名され、系統的には、Rhynchosauridae の姉妹群とされています。

 エオヒョサウルスが発見された場所は、かつて、層序的に最古のリンコサウリアであるMesosuchus browni Howesia browni が見つかっている場所です。

 3種になって、リンコサウリアの多様性が増したわけですが、興味深いことに、全て、三畳紀初期から三畳紀中期最早期にかけての南アフリカから見つかっていること。

 このことから・・・

>> 本文を読む




恐竜本・DVDの紹介

     
ティラノサウルス・クロニクル
51gyRkZsv-L.jpgのサムネール画像 ティラノサウルス・レックス(T.rex)は、恐竜の世界だけでなく、生物の世界でもアイコン的な、偉大な存在です。

 有名すぎるので、ちょっとマニアになると、あえて避けたりするのですが、実は、まだまだ知られていないことが多いのです。

 The Tyrannosaur Chronicles: The Biology of the Tyrant Dinosaurs(Bloomsbury Publishing PLC )は、そんなティラサウルス(ティラノサウロイデア)全般について解説した書。

 来年、2016年の4月の発売予定です。

 日本では、カバーや内容など、秘密にする傾向にあるようですが、米国では、発売予告が早いのですね。

 著者のDavid Honeのブログ(Archosaur Musings)で紹介されています。 ここのカバーは、基盤的なティラノサウロイデアのグアンロンのようです。

 最新の研究成果をふまえて・・・


>> 続きを読む
4翼クレード、テトラプテリギダエの提唱
 The_Rise_of_Birds.jpgのサムネール画像 "4つの翼"を意味するテトラプテリギダエ(Tetrapterygidae、4翼科)は、4月に発売されたチャタジー(Sankar Chatterjee)の著書、The Rise of Birds(第2版)の中で提唱されたクレードです。

 本の内容は、Johns Hopkins University Press.で紹介されています。

 テトラプテリギダエについては、Wikipediaで紹介されていますが、ミクロラプトル、シャオティンギア(Xiaotingia)、アウロルニス(Aurornis)、アンキオルニス(Anchiornis)からなります。

 いずれも後ろ足にも飛行に適した羽毛があり、鳥類の飛行は4枚翼から始まったのではないかと考えられています。

 テトラプテリギダエは、アビアラエ(Avialae)の姉妹群とし、この2つが、2013年に提唱されたアベラプトラ(Averaptora)に含まれるとしています。

 ただし、4枚の翼という特定の特徴だけに注目したのではないのか、きちんと系統解析されたのか、などは不明です。Wikipedia によると、他のほとんどの系統解析では、ミクロラプトル以外の3種はアビアラエとされています。 

  また、Dinogossでは、テトラプテリギダエには、Tetrapteryx を含むべきなど、命名規約上の問題点も指摘されています。


>> 続きを読む

恐竜グッズの紹介

     
オーストラリアの恐竜切手

 オーストラリアで新たに恐竜切手が発行されるそうです。 Auspost が紹介しています。


 発行されるのは、6種の古生物ですが、恐竜は以下の4種です。


  1. Timimus hermani (ビクトリアで発見) 
  2. Qantassaurus intrepidus (ビクトリアで発見) 
  3. Diamantinasaurus matildae (クイーンズランド州で発見) 
  4. Australovenator wintonensis(クイーンズランド州で発見)


>> 続きを読む

 Facebookページツイッターでもニュース配信しています。旧サイトにあった情報は、LINKSの「旧サイト情報」からリンクしています。


最新 ツイート




イベント情報

新着情報

北大総合博物館(PIZZA,3月29日)
skeletaldrawing(LINKS,12月29日)
Backyard Dinosaur(LINKS,12月18日)

最近の画像(記事へリンク)

    獣脚類の鋸歯はどのように形成されるのか 北米大陸3種目、三畳紀後期の恐竜 魚竜の系統関係 何のために進化/大型で短い前肢のドロマエオサウリダエの羽毛 ティラノサウルス・クロニクル アンキロサウリアにあった筋肉質の舌 ケラトプシア最古の大きな鼻角/アルバータの新種 鋸歯のあるスピノサウリダエのステムグループ最古の歯/ニジェール 腹甲の代わりにガストラリア/三畳紀中期のカメの祖先 初期の翼竜も 飛ばなくなった鳥なのか/ルーマニアのバラウル ノトロニクスの違い、一部は堆積環境の影響 高代謝がアダに/三畳紀後期の低緯度で恐竜が少なかった理由 有蹄類を超える複雑な歯の構造/トリケラトプス 恐竜初の頭部ディスプレイの収斂進化/レガリケラトプス 4翼クレード、テトラプテリギダエの提唱 ワシントン州から初めての恐竜化石 青緑色の卵だからオスが世話?/卵殻の色と営巣行動 初めての飛膜を持つ恐竜 植物食の基盤的テタヌラエ・チレサウルス/チリ ステゴサウルスの性的二型の決定的証拠 ジュラ紀の完璧な花/遼寧省 3種が無効名に/エドモントサウリーニ再解析 ラホナビスが生き延びていたら、鳥類のクレードは消滅/鳥類のゲノム解読 アジアからやってきた北米最古の角竜 地球規模での海洋生態系復活を示す新種のノトサウルス/雲南省 新種のハドロサウロイデア3種 獣脚類初の四足歩行か/スピノサウルスの新しい姿 「超ド級」ドレッドノータス/最も完全な巨大ティタノサウリア タペジャリダエのトサカの成長/翼竜ボーンベッド 三畳紀末の大量絶滅から50万年後/ベネズエラ初の恐竜 大型鳥盤類の多様性と異質性の減少/白亜紀後期の北米大陸

楽園リバーシ
P_R.jpg