孔子鳥の羽毛の色を再現

 孔子鳥などの羽毛の色を再現したとする報告があります。黒褐色の色素細胞であるユーメラニンの再現であり、色そのものというより、色の明度の再現といった方が正しいでしょう 。Scienc Now などが伝えています。

 メラニンは、メラノサイト(melanocyte)という色素産生細胞で合成され、細胞内小胞であるメラノソーム(melanosome)に蓄えられます。このメラノソームが肌や毛に移動、沈着し、暗色化します。

  しかし、メラノソーム自体は化石として残りにくいのが難点です。

 今回の研究は、色素細胞そのものではなく、黒褐色のユーメラニンに関連する銅などの微量金属の分析から、ユーメラニンの量や密度を再現したもの。 これらの金属は、メラノソームの構造が破壊された後でも残されるそうです。

  X線シンクロトロンにより、孔子鳥(Confuciusornis sanctus )や甘粛鳥(Gansus yumenensis)、現代鳥類の羽毛にある微量金属を調べています。

 その結果、金属は、孔子鳥のダウン(綿毛)や尾羽に多く、黒褐色だったと考えられています。また、飛行のための羽毛には少なく、おそらく白っぽかったとしています。

 

 図は、孔子鳥化石に残された微量金属の分布。A-Dは、銅、カルシウム、亜鉛、イオウです。ダウンと飛行に使う羽根では分布が異なり、色が違っていたとされています。

 

C_Sanctus.jpg 

  1. References:
  2.  
  3. R. A. Wogelius et al. 2011 
  4. Trace Metals as Biomarkers for Eumelanin Pigment in the Fossil Record
  5. Science, Published Online 30 June 2011
  6. DOI: 10.1126/science.1205748
  7. Supporting Online Material (pdf)
----------  コメント(0)





コメントする

カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)