主に前ヒレで泳いだプレシオサウルス

 新種のエラスモサウルスの泳ぎ方/アンゴラ(2015年2月)でも紹介していますが、プレシオサウルス(プレシオサウリア)はどのように泳いだのか、およそ200年近くも、さまざまな議論が続いているそうです。

 今回、デジタル3次元モデルを使って、シミュレーション解析した論文が報告されています。コンピューターシミュレーションは初めてとされています。

 ドイツのジュラ紀後期の地層で発見された、3mあまりのMeyerasaurus victor(メエヤサウルス・ビクトル)を参考に、等身大モデルも作成しています。

 その結果、現生のカメやペンギンのように、主に前ヒレの推進力で泳いでいたとされています。

 一方、どのシミュレーションでも、後ヒレの推進力は弱く、後肢のヒレは、尾と同様に、舵取りや安定性のためにあったとされています。


 図は、メエヤサウルスのヒレの最も効率的とされるストローク(Shiqiu Liu et al., 2015)。 関節を動かせる範囲で3つに大別され、上から、狭い、中間、広いの順です。 

 前ヒレの動きは、比較的大きく、後ヒレは狭い範囲です。


 
swimming strokes.jpg

 次の図は、メエヤサウルスの泳ぐ速度の推定値。

 上の図にあるように、関節を動かせる範囲(狭い、中間、広い)毎に最適化したベストな動きでの速度です。

 前ヒレのみでも全部のヒレを使った時と同程度のスピードで、一方、後ヒレでは遅めです。

 モデルにしたメエヤサウルスは、フルにヒレを動かしても、最高時速は、3km程度で、素早い魚にはとても追いつけないスピードですね。



Swimming speeds.jpg


  1. References:
  2.  
  3. Shiqiu Liu, Adam S. Smith, Yuting Gu, Jie Tan, C. Karen Liu & Greg Turk (2015) Computer Simulations Imply Forelimb-Dominated Underwater Flight in Plesiosaurs. PLoS Computational Biology 11(12): e1004605 doi:10.1371/journal.pcbi.1004605

----------  コメント(0)





コメントする

カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)