スコットランド初の竜脚類の足跡化石/スカイ島

 世界的に見てもジュラ紀中期の恐竜化石の発見は乏しいそうです。

 今回、スコットランドのスカイ島北部にあるジュラ紀中期(バソニアン)の地層(Duntulm Formation)で発見された竜脚類の連続歩行跡が報告されています。
 
 子育てをした足跡/スカイ島(2005年6月)や世界最小の恐竜の足跡発見/ギネス記録に(2005年9月)などで紹介していますが、スカイ島からは、今までにも、いろいろな恐竜の足跡化石が見つかっています。

 今回は新しい場所で、スコットランドからの竜脚類の足跡化石は初めてとされています。  当時はラグーン環境だったようで、何層にもわたり、多数の足跡化石が残されています。


 写真は、ツメ跡まで残る竜脚類の後脚の足跡化石(Stephen L. Brusatte et al., 2015)。

 ほとんどの足跡化石が、くぼんだ印象化石(凹型上面浮き彫り痕、concave epirelief)ですが、写真のように、キャストとしてとして残された、凸型下面浮き彫り痕(Convex hyporelief)も残されています。

 これは、凹部が堆積物で満たされ、その部分だけが化石として残ったからでしょう。


 
sauropod_footprint.jpg

 第1指には大きな爪があり、歩幅の狭いナローゲージであり、新竜脚類には属さない原始的な竜脚類とされていました。  
.
 追加の情報として、基盤的な竜脚類はジュラ紀中期まで継続して生き残っていましたが、より大型でより派生的な仲間が放散してきたとしています。  

 いずれにしても、足跡の主の同定には至っていません。  

 今回の足跡化石は、長い間にわたり、多くの世代の竜脚類がラグーン環境に棲んでいたことを示しており、竜脚類はこの環境を頻繁に訪れたようです。


 


  1. References:

  2. Stephen L. Brusatte, Thomas J. Challands, Dugald A. Ross, and Mark Wilkinson (2015) 
  3. Sauropod dinosaur trackways in a Middle Jurassic lagoon on the Isle of Skye, Scotland. 
  4. Scottish Journal of Geology (advance online publication)   free PDF 
  5. doi: 10.1144/sjg2015-005

----------  コメント(0)





コメントする

カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)