アウストラロヴェナトルの右歯骨

 アウストラロヴェナトル(Australovenator wintonensis )は、オーストラリアで発見された最も完全な獣脚類化石です。

 白亜紀前期(セノマニアン、約9500万年前)のウィントン層(Winton Formation)で発見された中型のメガラプトリダエ(メガラプトル科)で、アウストラロヴェナトルの新しい標本(2012年7月)でも紹介しています。

 今回、ホロタイプ標本で新たに発見された右歯骨について報告されています。ほぼ完全で、目に見える歯は15本あるそうです。

 2009年に記載されながら、ホロタイプ標本で発見というのは奇妙ですが、ホロタイプは、まだクリーニング途中のようです。そのため、論文では、系統的な解析もなされていません。


 図は、CTスキャンデータを元にした右歯骨の内部構造(Matt A. White, wt al., 2015)。

 水色は、次の歯である歯芽(germ tooth 、図のGT)です。 控えの歯は1本しかないようですね。

 また、紫の部分(LRP)は、舌面吸収窩(lingual resorption pit)で、骨吸収で生じるくぼみです。


Australovenator.jpg

 また、ホロタイプが発見された場所や同じ地層で見つかっている獣脚類の遊離歯についても考察しています。  

 アウストラロヴェナトルと他の遊離歯は、すべての他の獣脚類の歯とは異なるとされています。  

 これらの歯の解析から、ほぼ同時期の他のゴンドワナとは対照的に、ウィントン層では、メガラプトリダエは支配的な捕食者だった示唆しています。  


 


  1. References:
  2.  
  3. Matt A. White, Phil R. Bell, Alex G. Cook, Stephen F. Poropat & David A. Elliott (2015) 
  4. The dentary of Australovenator wintonensis (Theropoda, Megaraptoridae); implications for megaraptorid dentition. 
  5. PeerJ 3:e1512 
  6. doi: https://doi.org/10.7717/peerj.1512
----------  コメント(0)





コメントする

カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)