大人の恐竜とは?:成体の定義

 系統解析に用いる標本は成熟した成体でないと、個体発生(成長変化)による形質変化という誤差を含むことになります。

 しかし、絶滅動物の個体発生段階を決めるのは複雑です。

 今回、鳥類以外の恐竜の年齢を決めるのに利用できるいくつかの方法をレビューし、恐竜の成体の定義としてまとめた論文が報告されています。

 図はズニケラトプスを例に、何を持って成体とするか種々の方法(David W. E. Hone et al., 2016)。さまざまな方法が存在します。


  1. a)社会的シグナル(フリル)の発達程度 
  2. b)骨表面のテクスチャ 
  3. c)サイズ(図は腸骨)、あまりあてにならないようです 
  4. d)生殖成熟度(矢印は成熟した雌にしかない骨髄骨) 
  5. e)神経中枢弓(neurocentral arch)の癒合(矢印は消えてしまった軟骨が癒合した痕) 
  6. f)多種のデータに基づいた成長曲線の漸近線(矢印、最大成長点のこと)
  7.  

  8.  

F2.medium.gif

 今回、これら複数の基準から、成体の恐竜は、次のように定義されています。また、亜成体や幼体、胚も定義されています。


 成体の定義:生殖成熟に加え、骨学および組織学的特徴によって示される、急速な成長の停止に相当するライフステージの到達点に達している動物。

 
 生殖成熟だけでは不十分で、組織的にも、骨格的にも十分に成長しきっている必要があるのです。  

 タクソンの成長曲線を考慮するとなると、ひとつの個体だけの部分的な骨格からの判断は難しそうですね。  

 この定義によると、今まで成体とされた多くの標本は、幼体か亜成体とされています。


 


  1. References:
  2.  
  3. David W. E. Hone, Andrew A. Farke, Mathew J. Wedel, 2016 
  4. Ontogeny and the fossil record: what, if anything, is an adult dinosaur ? 
  5. Biology Letters, published 17 February 2016. 
  6. DOI: 10.1098/rsbl.2015.0947
----------  コメント(0)





コメントする

カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)