プルリデンス属の新種のモササウルス/ニジェール

 アフリカにある白亜紀後期の地層からは、多様なモササウルス化石が産出します。

 ニジェールにあるマーストリヒチアンの地層(Farin-Doutchi Formation )からは、Pluridens walkeri(プルリデンス・ワルケリ)が記載されています。

 一方、この参照標本が、カンパニアンの地層から発見されていました。

 しかし、この標本は、極端に長くて真っ直ぐなアゴなど、プルリデンス・ワルケリに見られる多くの派生的な特徴がありません。

 このことから、プルリデンス属の新種とされ、P. calabaria と命名されています。

 今回の結果から、プルリデンス属は、ハリサウリナエ(Halisaurinae、ハリサウルス亜科)の中でもかなり多様性のある仲間だったとされています。




  1. References:
  2.  
  3. Nicholas R. Longrich (2016) 
  4. A new species of Pluridens (Mosasauridae: Halisaurinae) from the upper Campanian of Southern Nigeria. 
  5. Cretaceous Research (advance online publication) 
  6. doi:10.1016/j.cretres.2016.03.013
----------  コメント(0)





コメントする

カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)