恐竜は、大量絶滅以前から衰退傾向/初のベイズ分析

 白亜紀末の鳥類以外の恐竜は、その多様性が減少しているところに隕石がトドメをさして絶滅したという説と、白亜紀末でも豊富で多様であり、絶滅は突然だったという説に二分されています。

 このあたり、白亜期後期の恐竜の多様性(2013年3月)などで紹介しています。

 今回、初めて、ベイズ分析を用いて、種の分化や絶滅について統計的にモデル解析した論文が報告されています。

 その結果、恐竜全体で、大量絶滅の数千年前から長期的な衰退傾向が見出されたとされています。IFL Scienceに図がありますが、種分化はジュラ紀中頃がピークのようです。


 3つの恐竜サブクレード(鳥盤類、竜脚形類、および獣脚類)で、種の形成速度が鈍化し、大量絶滅の前には、絶滅速度が上回ったとされています。獣脚類に比べて竜脚類の衰退傾向が速かったようです。  

 唯一の例外は、形態的に特殊化した植物食のハドロサウルス形類と、ケラトプシダエ(ケラトプス科)で、これらの仲間は、白亜紀後期にかけて、急速に多様化しました。  

 効率的に植物を処理できることが優位に働いたようですが、これらの絶滅は突然だったのでしょう。  

 結局、恐竜全体としては、新種を生み出す種分化の能力に衰えが見え、絶滅に対して脆弱になり、最終的に壊滅的なイベントから回復できなかったとされています。    

 なお、大型鳥盤類の多様性と異質性の減少/白亜紀後期の北米大陸(2014年8月)で紹介した論文では、ケラトプシダエとハドロサウロイデアの異質性は減少しています。


 


  1. References:
  2.  
  3. Manabu Sakamoto, Michael J. Benton, and Chris Venditti (2016) 
  4. Dinosaurs in decline tens of millions of years before their final extinction. 
  5. Proceedings of the National Academy of Sciences (advance online publication) 
  6. doi:10.1073/pnas.1521478113
----------  コメント(0)





コメントする

カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)