ティロサウルスの再評価

 魚竜が絶滅した約9300万年前の白亜紀後期、代わって勢力を拡大していったのが、モササウルスです。

 その中でも、より派生し大型化したタイプが、ティロサウリナエ(tylosaurinae、亜科)で、このあたり、ドイツ初のティロサウリナエ(2015年1月)で紹介しています。

 今回、カンザスで発見され、1874年に記載されたた Tylosaurus nepaeolicus と、2005年に記載された T. kansasensis について再評価され、タイプ標本、T. prorigerと比較した論文が報告されています。

 T. nepaeolicus T. kansasensis の違いは、成長段階の違いとされ、おそらく後胚発生の間の相対成長の変化ではないかとされています。

 後に記載された T. kansasensis は、 T. nepaeolicus の幼体で、つまり、ジュニアシノニムとされています。  

 そして、個体発生の証拠から、タイプ種のT. proriger は、大きめですが、 T. nepaeolicus の幼形進化(paedomorph)ではないかとされています。



  1. References:
  2.  
  3. Paulina Jiménez-Huidobro, Tiago R. Simões & Michael W. Caldwell (2016) 
  4. Re-characterization of Tylosaurus nepaeolicus (Cope, 1874) and Tylosaurus kansasensis Everhart, 2005: Ontogeny or sympatry? 
  5. Cretaceous Research (advance online publication) 
  6. doi:10.1016/j.cretres.2016.04.008
----------  コメント(0)





コメントする

カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)