Palaeontologia Electronicaの最新ニュース

 プロトケラトプス(Protoceratops andrewsi)のフリルと頬骨の相対成長(アロメトリー)を解析した論文が報告されています。

 4つの異なるサイズの37標本を調べたもの。 その結果、フリル(長さと幅)は、成長とともに、相対的に他の部分より大きくなり、正の相対成長(アロメトリー)を示したとされています。

 また、頬骨も相対的にサイズが増加したとされています。

 結局、以前から指摘されているように、それらは、社会的優位性を誇示するためや性的ディスプレイのための社会的・性的優位シグナル(socio-sexual dominance signals)とされています。
 
 結論的には、従来から言われていることを示しただけのようです。



  1. References:
  2.  
  3. David W. E. Hone, Dylan Wood, and Robert J. Knell (2016) 
  4. Positive allometry for exaggerated structures in the ceratopsian dinosaur Protoceratops andrewsi supports socio-sexual signaling. 
  5. Palaeontologia Electronica 19.1.5A: 1-13 
  6. doi: palaeo-electronica.org/content/2016/1369-sexual-selection-in-ceratopsia
----------  コメント(0)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)