Paleontological Journalの最新ニュース

 ロシアにあるジュラ紀後期の地層で発見された、新種の"オルニトミモサウリア"に関する記載論文が報告されています。

 断片的な"前肢"と尾椎、角質のウロコの印象が見つかったというもの。 しかし、Theropoda によると、"前肢"とされているのは後足で、獣脚類ではなく基盤的な鳥盤類としています。

 Kulindadromeus zabaikalicus(クリンダドロメウス・ザバイカリクス) のジュニアシノニムではないかという話もあります。 

 クリンダドロメウスについては、獣脚類の原羽毛と相同か/クリンダドロメウスの羽毛状構造(2014年7月)で紹介していますが、シベリアで発見された羽毛状構造を持つ基盤的新鳥盤類(neornithischia)です。 

 2015年、いや、いままで最悪の恐竜の論文のひとつとの話もありますね。

 とりあえず、論文要旨に記載してあるのは以下のとおり。



 学名は、Lepidocheirosaurus natatilis (レピドケイロサウルス・ナタティリス)です。属名の意味は、"hand scale saurian(手にウロコのあるトカゲ)"です。

 レピドケイロサウルスは、形態的には、 Nqwebasaurus thwazi (ヌクウェバサウルス)に似ているそうです。

 ヌクウェバサウルスは、南アフリカにある白亜紀前期の地層で見つかっており、アフリカ初のオルニトミモサウリア、Nqwebasaurus thwazi(2012年6月)で紹介しています。



  1. References:
  2.  
  3. V. R. Alifanov and S. V. Saveliev (2015) 
  4. The Most Ancient Ornithomimosaur (Theropoda, Dinosauria), with Cover Imprints from the Upper Jurassic of Russia. 
  5. Paleontological Journal 49 (6): 636-650 
  6. doi:10.1134/S0031030115060039
----------  コメント(0)



滑空爬虫類の頭部、再記載

 Coelurosauravus elivensis (コエルロサウラヴィス・エリベンシス)といえば、ウェイゲルティサウリダエ(Weigeltisauridae、科)に属するペルム紀後期の滑空爬虫類です。

 滑空爬虫類といえば、肋骨を伸ばした飛膜が知られていますが、コエルロサウラヴィスは、肋骨ではなくて、皮骨を伸ばしています。

 図は、同属別種のCoelurosauravus jaekeli (Wikipedia)です。

 今回、その頭部について再記載されています。もっとも頭部についての報告で、滑空機能などではありません。

 東ヨーロッパ産の Rautiania 属と比較して、コエルロサウラヴィス属の識別基準が修正されています。

 
Coelurosauravus_BW.jpg



  1. References:
  2.  
  3. V. V. Bulanov & A. G. Sennikov (2015) 
  4. New data on the morphology of the Late Permian gliding reptile Coelurosauravus elivensis Piveteau. 
  5. Paleontological Journal 49(4): 413-423 
  6. DOI: 10.1134/S0031030115040048
----------  コメント(0)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)