その他(S-Z)の最新ニュース

エラフロサウルス再評価

 タンザニアで見つかったElaphrosaurus bambergi(エラフロサウルス・バンベルギ) といえば、新しい時代まで生きのびたコエルロサウリアと考えられたこともあった獣脚類です。

 オルニトミモサウリアとされた時もありましたが、最近では基盤的なケラトサウルスとされていました。ジュラ紀後期の地層で発見され、1920年に記載されています。

 今回、再評価された論文が報告されています。

 非常に細長くくびれた頚椎、強く変形した前肢のある拡張した肩帯、比較的小さな腸骨など、アベリサウロイデア(上科)のノアサウリダエ(Noasauridae、科)と共通する特徴が多いことが確認されています。

 新種か、アベリサウロイデア/ブラジル(2016年2月)で紹介していますが、アベリサウロイデアは、比較的小型のノアサウリダエと大型のアベリサウリダエの2つのクレードに大別されます。

 エラフロサウルスの推定全長は6メートルほどです。  そして今回、ノアサウリダエを2分するサブクレード、エラフロサウリナエ(Elaphrosaurinae、エラフォサウルス亜科)が提唱されています。



  1. References:
  2.  
  3. Oliver W. M. Rauhut and Matthew T. Carrano (2016) 
  4. The theropod dinosaur Elaphrosaurus bambergi Janensch, 1920, from the Late Jurassic of Tendaguru, Tanzania. 
  5. Zoological Journal of the Linnean Society (advance online publication) 
  6. DOI: 10.1111/zoj.12425
----------  コメント(0)



 
 ミャンマーにある白亜紀中頃(9900万年前)の地層で発見された、世界最古の、琥珀に閉じ込められたトカゲ化石について報告されています。 

 フロリダ大は、1億年前のカメレオンと紹介しています。

 12の保存状態の良い標本が見つかっており、ステム・ゲッコタ(stem Gekkota)とステム・カマレオニダエ(stem Chamaleonidae)などとされています。ヤモリやカメレオンになる前の仲間のようです。


 


  1. References:
  2.  
  3. Juan D. Daza, Edward L. Stanley, Philipp Wagner, Aaron M. Bauer and David A. Grimaldi (2016) 
  4. Mid-Cretaceous amber fossils illuminate the past diversity of tropical lizards. 
  5. Science Advances 2(3): e1501080 
  6. DOI: 10.1126/sciadv.1501080
----------  コメント(0)



カメの起源は双弓類

 ゲノム解析から、カメ類は、恐竜や鳥類などと同じく、側頭窓(穴)がある双弓類(Diapsida)とされています。 側頭窓消失の移行段階にあるカメの祖先(2015年9月)でも紹介しています。

 今回、これを支持する論文が報告されています。 先に発見されている、中国にある三畳紀後期のOdontochelysとドイツの三畳紀中期Pappochelysからの判断です。

 カメ類は、擬爬虫類(parareptile)とか無弓類ではなくて、双弓類から進化したとしています。 頭部に穴がないのは、原始的な形態ではなく、二次的に閉じたもので、また、腹甲は、ガストラリア(腹肋骨)の癒合から進化したとしています。



  1. References:
  2.  
  3. Rainer R. Schoch & Hans-Dieter Sues (2016) The diapsid origin of turtles. Zoology (advance online publication) doi:10.1016/j.zool.2016.01.004
----------  コメント(0)



 白亜紀後期、ヨーロッパ南西部にあった西欧諸島のひとつ、イベロ-アルモリカン島にあるカンパニアン-マーストリヒチアンの地層からは、3種類のティタノサウリアが見つかっています。

 スペインのLirainosaurus astibiae と、フランスのAmpelosaurus atacis Atsinganosaurus velauciensis です。

 しかし、最近のスペインやフランス南部での発見で、この時期のイベリア半島では、ティタノサウリアの多様性はもっと高かったとする論文が報告されています。

 少なくとも、6-7種が見つかっているようです。

 当時は、わずか150万平方km 程度の小さな島でしたが、ティタノサウリアの多様性はかなり高く、白亜紀後期の竜脚類の進化を考える上で、重要な地域とされています。




  1. References:
  2.  
  3. V. Díez Díaz, X. Pereda Suberbiola & J. Company (2015) 
  4. Updating titanosaurian diversity (Sauropoda) from the Late Cretaceous of Spain: the fossil sites of Laño and Chera. 
  5. Spanish Journal of Paleontology 30(2): 293-306 (pdf)
----------  コメント(0)



 日本語で"鳥類"とは言っても、そのクレードにはいろいろあって、しかも名称に一貫性がなくて煩雑です。

 包括的なグレードから順に、Paraves(パラベス)、Avialae(アヴィアラエ)、Aves(鳥類)、Ornithuromorpha(真鳥形類) 、Ornithurae(真鳥類)、Neornithes(新鳥類)、Neoaves (ネオアベス)などです。

 例えば、"Neornithes" を「新鳥類」と訳すと、"Neoaves"の日本語訳が難しいですね。

 今回、現生鳥類を含む系統のみからなるクレード、新鳥類(Neornithes)の起源や初期進化についての論文が報告されています。

 ちなみに、Neornithes の定義は、「ダチョウ( Struthio camelus )とイエスズメ( Passer domesticus )の最も新しい共通の祖先から派生する全ての子孫」です。

 化石記録だけからの年代推定は難しいため、現生鳥類DNA配列データと、鳥類化石の組み合わせから解析したもの。 

 その結果、現生鳥類の最も新しい共通祖先は、約9500万年前の南米大陸が起源とされています。

 そして、大陸移動(プレートテクトニクス)と環境の変化という地球の歴史が、新鳥類の多様化に影響を与え、特に、世界的に地球が寒冷化する期間に、多様化したとされています。
 

 図は、新鳥類の初期の系統関係に時間軸をあてはめたタイムツリーの一部(Santiago Claramunt et al., 2015)。

 現生鳥類(新鳥類)の共通祖先は約9500万年前に出現したとされ、しだいに3つの大きなクレードに分岐します。

 最初は、9150万年前に、ダチョウなどの走鳥類が属する古顎類(Palaeognathae)と新顎類(Neognathae)に、8510万年前に新顎類がキジカモ類(Galloanseres)とネオアベス(Neoaves)に分岐します。

 いずれの系統も、白亜紀末以降、爆発的に多様化しています。
 



Neornithes.jpg

 論文では、ほとんどの系統を代表する現生鳥類230種の時計様遺伝子のDNA配列の違いと、すべての系統の130の鳥類化石を用いています。  

 その結果、現生鳥類の最も新しい共通祖先は、約9500万年前の白亜紀後期早期に、南米(ゴンドワナ大陸西部)に棲んでいたとされています。  

 しかし、白亜紀末までにはあまり多様化せず、新生代になってようやく、新鳥類は世界中に広がり、多様化したのです。  

 そして、ゴンドワナ大陸から世界への鳥類の放散には、主に2つのルートがあったとされています。  

 暁新世の間に北米を通り旧世界に到達するルートと、古第三紀の間に南極経由でオーストラリアとニューランド近くのジーランディア(Zealandia)に達するルートです。  

 正味の多様化率は、世界的な寒冷化期間中に増加しています。  これは、熱帯雨林が隔離され、熱帯生物群系が少数の集団に断片化されることで、分化を刺激したことを示唆するとされています。  

 つまり、二つの基本的な地球のダイナミクスの特徴であるプレートテクトニクスと環境の変化に、鳥類進化が影響された影響されたとしています。


 


  1. References:
  2.  
  3. Santiago Claramunt and Joel Cracraft (2015) 
  4. A new time tree reveals Earth history's imprint on the evolution of modern birds. 
  5. Science Advances 1(11): e1501005 
  6. DOI: 10.1126/sciadv.1501005
----------  コメント(0)



 ウズベキスタンのカエナグナサシア(2015年1月)で、ウズベキスタンで見つかったCaenagnathasia martinsoni (カエナグナサシア・マルチンソニ)の標本について紹介しました。

 キジルクム砂漠にある白亜紀後期(チューロニアン)の地層(Bissekty Formation)で発見されたオヴィラプトロサウリアです。

 今回、内モンゴルにある白亜紀後期(カンパニアン)の地層(Dabasu Formation )で発見されたカエナグナサシア属(Caenagnathasia sp.)とされる下顎化石が報告されています。




  1. References:
  2.  
  3. YAO Xi , WANG Xiao-Li, Corwin SULLIVAN, WANG Shuo, Thomas STIDHAM & XU Xing (2015) 
  4. Caenagnathasia sp. (Theropoda: Oviraptorosauria) from the Iren Dabasu Formation (Upper Cretaceous: Campanian) of Erenhot, Nei Mongol, China. 
  5. Vertebrata PalAsiatica (advance online publication)
----------  コメント(0)



 日本で恐竜の歯が見つかっても、鋸歯(ギザギザ)があるので獣脚類だ・・・なんて、子供でも分かりそうな話で終わったりします。

 しかし、獣脚類の歯は特徴的で、遊離した1本の歯の化石だけからもそれなりの系統解析ができるようです。もちろん、関連する骨格化石などの背景データが必要でしょう。

 今回紹介する論文では、141もの歯列ベースの形質(特徴)について解析されています。 

 中には、アベリサウリダエ(Abelisauridae、科)の歯も含まれ、ローラシア大陸におけるジュラ紀の最初の化石記録で、世界最古の記録とされています。

 このことから、ヨーロッパで、アベリサウリダエは白亜紀前期以前に十分放散していた可能性が示唆されています。


 ポルトガルにあるジュラ紀後期(Kimmeridgian-Tithonian)の地層(Lourinhã Formation)で発見された、4本の獣脚類の遊離歯です。  

 ローリンハ最大の歯は、Torvosaurus tanneri のものとされ、最小の歯は、Richardoestesia のものとされています。



  1. References:
  2.  
  3. Christophe Hendrickx & Octávio Mateus (2014) 
  4. Abelisauridae (Dinosauria: Theropoda) from the Late Jurassic of Portugal and dentition-based phylogeny as a contribution for the identification of isolated theropod teeth. 
  5. Zootaxa 3759 (1): 001-074 (Monograph) (pdf)
----------  コメント(0)



南アフリカの鳥盤類

 南アフリカとレソト王国にある上部エリオット層(下部ジュラ系)の鳥盤類について再検討した論文が報告されています。

 40年間も発掘されながら、系統上の混乱もある上、ほとんどの標本が未記載のままだそうです。

  1.  
  2. The 'fabrosaurid' ornithischian dinosaurs of the Upper Elliot Formation (Lower Jurassic) of South Africa and Lesotho. 
  3. Butler, R.J. 
  4. Zoological Journal of the Linnean Society, 145, p.175-218, 2005
 

 特に、"ファプロサウリダエ"といわれるヘテロドントサウルス以外の鳥盤類について解析しています。イグアノドン類や角竜につながる系統で、DINOSAUR Mailing List に分岐図があります。  

 "Fabrosaurus australis"は疑問名とし、Lesothosaurus diagnosticus は有効としています。新種として、Stormbergia dangershoeki を記載しています。
----------  コメント(0)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)