三畳紀前期の最新ニュース

 最近では、何億年も前の化石から、血管などの軟組織が観察されたとする報告は珍しくありません。

 今回、ポーランドにある三畳紀初期/中期境界の地層で発見された海生爬虫類からの発見が報告されています。

 ノトサウリダエ(科)とタニストロフェイダエ(タニストロフェウス科)の骨化石からで、骨の皮質領域にある、酸化鉄により鉱物化した血管壁中に保存され、有機分子を包み込んでいるそうです。

 FTIRなどを使った分光分析から、ヒドロキシプロリンやヒドロキシリジンなどのアミノ酸の断片を含む有機化合物の存在が確認されています。

 これらのアミノ酸は、コラーゲン以外のタンパク質にはほとんど含まれないことから、内因性のコラーゲンの存在が示唆されています。

 「血管」内のタンパク質の分子の保存は、初期に酸化鉄がミネラル化した時に形成されたと考えられています。  

 ミネラルが軟組織の上に直接沈殿した時に、生体分子が効率的に、鉄が豊富なミネラルの中に保存され、それらの構造がしっかり覆われたというのです。  

 今回の発見は、海洋環境で、脊椎動物の中に複雑な有機分子が保存された最古の証拠とされています。

 


  1. References:
  2.  
  3. Dawid Surmik, Andrzej Boczarowski, Katarzyna Balin, Mateusz Dulski, Jacek Szade, Barbara Kremer & Roman Pawlicki (2016) 
  4. Spectroscopic Studies on Organic Matter from Triassic Reptile Bones, Upper Silesia, Poland. 
  5. PLoS ONE 11(3): e0151143 
  6. doi:10.1371/journal.pone.0151143
----------  コメント(0)



 ウタツサウルス(Utatsusaurus hataii )といえば、三畳紀前期の、最初期のイクチオプテリギア(Ichthyopterygia、原魚竜)の一種です。まだ、魚竜とはなっていない仲間ですね。

 カナダからもウタツサウルス(2014年2月)で紹介しているように、ブリティッシュコロンビアで発見されています。

 今回、ネバダ州から、形態的によく似たウタツサウルス類似種( cf. Utatsusaurus)が報告されています。

 Prida Formationで発見された三畳紀前期のイクチオプテリギアの化石群集で見つかったもの。

 断片的で同一種とは断定できないようですが、ウタツサウルスと共有する特徴があるとされています。また、小さくて丸い後方歯がグリッピアに似た標本も見つかっています。

 今回の発見から、三畳紀初期のイクチオプテリギアが、パンタラッサの東縁に沿って南緯度の方へと勢力を拡大し、繰り返し海洋周囲へ分散していたとしています。

 



  1. References:
  2.  
  3. Neil P. Kelley, Ryosuke Motani, Patrick Embree & Michael J. Orchard (2015) 
  4. A new Lower Triassic ichthyopterygian assemblage from Fossil Hill, Nevada. 
  5. PeerJ PrePrints 3:e1803 
  6. doi: https://dx.doi.org/10.7287/peerj.preprints.1447v1
----------  コメント(0)



 初めての、魚竜へつながる中間体化石/新種のイクチオサウルス形類(2014年11月)の発見により、魚竜の系統は、イクチオサウルス形類(ichthyosauriform) イクチオプテリギア(Ichthyopterygia、原魚竜)、魚竜となります。

 その中で、Chaohusaurus (チャオフサウルス)といえば、三畳紀初期の基盤的なイクチオプテリギア(Ichthyopterygia、原魚竜)です。

 その一種、C. chaoxianensis(チャオフサウルス・チャオキシアネンシス)は、幼体のみの標本しか知られていなかったため、C. geishanensis(チャオフサウルス・ゲイシャネンシス)の未成熟な形態と考えられていました。

 今回、中国安徽省で発見された新しい標本を解析した結果、両者は識別でき、C. chaoxianensis は有効種とする論文が報告されています。

 なお、チャオフサウルスについては、海生爬虫類の胎生の起源は陸上(2014年2月)で紹介しています。



  1. References:
  2.  
  3. Ryosuke Motani, Da-Yong Jiang, Andrea Tintori, Olivier Rieppel, Guan-Bao Chen & Hailu You Status of Chaohusaurus chaoxianensis (Chen, 1985) 
  4. Journal of Vertebrate Paleontology (advance online publication) 
  5. DOI:10.1080/02724634.2014.892011
----------  コメント(0)



 イクチオプテリギア(Ichthyopterygia、原魚竜)は、三畳紀前期に、陸上から海へと進出した海生爬虫類です。

 しかし、イクチオプテリギアへとつながる、その中間体の化石は今まで見つかっていませんでした。

 今回、藻谷さんらにより、中国南部にある三畳紀前期(約2億4800万年前)の地層で発見された基盤的なイクチオサウルス形類(ichthyosauriform)が記載されています。

 UCDAVIS(カリフォルニア大デービス校)で、復元イラストともに紹介されています。

 後の魚竜より小型で、限定的に地上を移動するための大きなヒレを持ち、水陸両生だったと考えられています。また、祖先である地上性双弓類の特性を保持しており、吻部と体幹は短めです。

 骨は、魚竜より緻密で、海にチャレンジした当初は、体が重かったようです。

 サクションフィーダーではないかとされていますが、ナショジオによると、近くで獲物の化石が見つかっていないことから、軟体動物を吸引して食べていた、という間接的な理由です。

 学名は、Cartorhynchus lenticarpus と命名されています。  

 系統的には、Hupehsuchia とイクチオサウルス形類は姉妹群とし、合わせてイクチオサウルス型類( Ichthyosauromorpha)としています。  

 基盤的なイクチオサウルス型類は中国南部のみから知られており、このことから、このクレードは、三畳紀前期、高温多湿な熱帯群島だったこの領域が起源と考えられています。

 図は、双弓類でのイクチオプテリギアの系統関係(Ryosuke Motani et al., 2015)。a は水生への適応を除外した場合。 b は含む場合。
  Cartorhynchus_a.jpg


Cartorhynchus_b.jpg




  1. References:
  2.  
  3. Ryosuke Motani, Da-Yong Jiang, Guan-Bao Chen, Andrea Tintori, Olivier Rieppel, Cheng Ji & Jian-Dong Huang (2014) 
  4. A basal ichthyosauriform with a short snout from the Lower Triassic of China. 
  5. Nature (advance online publication) 
  6. doi:10.1038/nature13866
----------  コメント(0)



 恐竜を含め、中生代の陸上爬虫類のほとんどは卵生です。一方、魚竜などは胎生とされています。

 海生爬虫類が胎生なのは、海洋生活に適応したためと考えられてきました。しかし、今回、藻谷さんらは、これに反する化石証拠を示しています。

 まさに出産中の魚竜化石で、胎児が窒息する可能性のある頭からの出産は、胎生が陸上起源であることを示すとしています。

 三畳紀初期、陸上の爬虫類の間で、胎生は一般的であったとされています。
 
 胎生は海の爬虫類に引き継がれたのに、陸の恐竜などが、なぜ卵生を選んだのか、気になるところですね。


 報告されているのは、魚竜類(Ichthyopterygia)の Chaohusaurus(チャオフサウルス)の標本です。  

 これは、三畳紀初期(約2億4800万年前)と、最古の海生爬虫類化石とされ、また、胚化石を含むことでは、約1000万年は古い化石記録とされています。  

 標本では、胚の頭蓋骨がちょうど母体の骨盤から出ており、まさに出産の状態です。  この頭からの出産姿勢は、胎生が地上起源であることを示しているとされています。  

 クジラやカイギュウ、派生的な魚竜では、尾から先に生みます。これは、水中での分娩で、胎児の窒息を避けるためです。  

 一方、現生のウミヘビにも頭から先に出産するものもいて、水中で頭から出産するのは、肺呼吸する動物でも可能とされています。 

 魚竜類やクビナガリュウなどのサウロプテリギア(Sauropterygia、鰭竜類) が陸上の爬虫類から分岐したのは、少なくとも2奥4800万年年前の三畳紀初期とされています。  

 そのため、ペルム紀末の大量絶滅から回復する間、陸上の爬虫類の間で、胎生は一般的であった可能性があるとされています。  

 今のところ、陸生爬虫類の胎生の最古の化石記録は、約1億2500万年前です。しかし、これは、小さな化石が保存されにくいなどのバイアスがかかっているとされています。



  1. References:
  2.  
  3. Motani R, Jiang D-y, Tintori A, Rieppel O, Chen G-b (2014) 
  4. Terrestrial Origin of Viviparity in Mesozoic Marine Reptiles Indicated by Early Triassic Embryonic Fossils. 
  5. PLoS ONE 9(2): e88640
  6. doi:10.1371/journal.pone.0088640
----------  コメント(0)



 ウタツサウルス(Utatsusaurus hataii )といえば、三畳紀前期の、最初期のイクチオプテリギア(Ichthyopterygia、原魚竜)の一種です。

 かつての歌津町(現在の南三陸町)にある三畳紀前期の大沢累層で発見され、ホロタイプには頭部がありませんでしたが、初めての完全な頭部の記載/ウタツサウルス(2013年6月)で紹介したように、後に報告されています。

 今回、カナダでの頭部標本の発見例が報告されています。今回の発見から、イクチオプテリギアの放散は、オレネキアン後期以前に始まったとされています。

 しかし、初期の進化を解明するには、まだまだ化石証拠が不十分のようです。

 
 三畳紀前期(オレネキアン後期)の地層(Sulphur Mountain Formation)から、頭上部(skull roof) が見つかったもの。  

 この時期のイクチオプテリギアや魚竜、GrippiaChaohusaurusGulosaurus に類似し、派生形質である側頭上部テラス(supratemporal terrace)の形態から、種名が不明の、Utatsusaurus sp. (ウタツサウルス属)とされています。



  1. References:
  2.  
  3. Robin Scott Cuthbertson, Anthony Russell & Jason Anderson (2014) 
  4. The first substantive evidence of Utatsusaurus (Ichthyopterygia) from the Sulphur Mountain Formation (Lower-Middle Triassic) of British Columbia, Canada: a skull roof description with comparison to other early taxa. 
  5. Canadian Journal of Earth Sciences (advance online publication) 
  6. doi: 10.1139/cjes-2013-0185
----------  コメント(0)



 河北省にある三畳紀前期の地層で発見された新種の魚竜が記載されています。

 三畳紀前期の魚竜といっても、ウタツサウルスよりは派生的なクレード、Grippidia(グリッピディア)の仲間とされています。

 Jialingjiang Formation で発見された Chaohusaurus 属の新種、C. zhangjiawanensis です。
 

 原始的な特長と、派生的な特長をあわせもち、同じく中国で発見されている C. geishanensis に類似しているとされています。   

  C. geishanensis は、ウタツサウルスよりは派生的なクレード、Grippidia(グリッピディア)の系統で、体重10kgほどの小型の魚竜とされています。


  1. References:
  2.  
  3. CHEN Xiaohong, P. Martin SANDER, CHENG Long and WANG Xiaofeng (2013) 
  4. A New Triassic Primitive Ichthyosaur from Yuanan, South China. 
  5. Acta Geologica Sinica (English Edition),87(3):672-677
----------  コメント(0)



 魚竜の初期進化については興味のあるところですが、今回、カナダにある三畳紀前期の新種の魚竜化石について報告されています。

 系統的には、ウタツサウルスよりは、派生的なグループとされています。

 1989年に、ブリティッシュコロンビア州にある Sulphur Mountain Formation で発見され、今回、新たな標本が発見されたもの。

 その特長から新種とされ、Gulosaurus helmi と命名されています。 

 系統的には、今回の種と Grippia を、 Ichthyosauria(魚竜類)より派生的なクレード、Eoichthyosauria 内の Grippidia のメンバーに位置づけています。  

 カナダとノルウェー(スピッツベルゲン)で、このクレード(Grippidia)が見つかることから、三畳紀初め、ローラシア大陸西部と北部あたりに分布していたとされています。

 
 


  1. References:
  2.  
  3. Robin S. Cuthbertson, Anthony P. Russell & Jason S. Anderson (2013) 
  4. Cranial morphology and relationships of a new grippidian (Ichthyopterygia) from the Vega-Phroso Siltstone Member (Lower Triassic) of British Columbia, Canada. 
  5. Journal of Vertebrate Paleontology 33(4): 831-847 
  6. DOI:10.1080/02724634.2013.755989
----------  コメント(0)



 魚竜といえば、二次的に海に適応した最も特殊な系統ですが、その起源や最初の放散についてはあまり知られていません。

 そのあたりを探るのに最も重要な地域が、三畳紀初期の地層がある北極圏のスヴァールバル諸島とされています。

 そのスヴァールバル諸におけるイクチオプテリギア(Ichthyopterygia、原魚竜)の化石について、報告されています。

 なお、三畳紀初期のイクチオプテリギアといえば、ウタツサウルス(Utatsusaurus hataii)がいます。「内温性だったのか/ウタツサウルスの骨内部構造(2012年10月)」で紹介していますが、既に、海のライフスタイルに十分に適応していたとされています。


 3つの地層から見つかっているのですが、種レベルでの解析はされていないようです。  

 また、三畳紀中期から初期にかけて、種が乏しく、これは発見される化石が少ないというサンプルバイアスのためではないかとされています。

 

  1. References:
  2.  
  3. Erin E. Maxwell & Benjamin P. Kear (2013) 
  4. Triassic ichthyopterygian assemblages of the Svalbard archipelago: a reassessment of taxonomy and distribution. 
  5. GFF (advance online publication) 
  6. DOI:10.1080/11035897.2012.759145
----------  コメント(0)



 ウタツサウルス(Utatsusaurus hataii )といえば、日本で発見された基盤的なイクチオプテリギア(Ichthyopterygia、原魚竜)です。宮城県のかつての歌津町(今の南三陸町)にある三畳紀前期の地層(大沢累層)で発見されました。  

 今回、カナダ・カルガリー大の研究者が、初めてとなる完全な頭部について報告しています。

 ホロタイプには完全な頭部がなく、1982年に北大が発見した別の標本(UHR 30691、論文2参照)です。

 系統的には、カナダにある三畳紀前期の地層で発見された Parvinatator とともに、他の全てのイクチオプテリギアの姉妹群で、基盤的な位置づけとされています。
 


  1. References:
  2.  
  3. 1)Robin S. Cuthbertson, Anthony P. Russell & Jason S. Anderson (2013) 
  4. Reinterpretation of the cranial morphology of Utatsusaurus hataii (Ichthyopterygia) (Osawa Formation, Lower Triassic, Miyagi, Japan) and its systematic implications. 
  5. Journal of Vertebrate Paleontology 33(4):817-830 
  6. DOI:10.1080/02724634.2013.756495
  7.   
  8. 2)Ryosuke Motani, Nachio Minoura, Tatsuro Ando, 1998
  9. Ichthyosaurian relationships illuminated by new primitive skeletons from Japan
  10. Nature, 393, p.255-257 (pdf)
----------  コメント(0)



 中島 保寿さんらにより、三畳紀初期のイクチオプテリギア(原魚竜)、ウタツサウルス(Utatsusaurus hataii)の骨の内物構造について考察した論文が報告されています。予稿ですが、全文が読めます。

 その構造が示すように、ウタツサウルスは、最も基盤的なイクチオプテリギアです。

 海綿状の骨の構造は、海洋環境での活発な遊泳への適応と考えられています。また、 外温性(変温性)の爬虫類というより、内温性(恒温性)だった可能性が示唆されています。

 陸から海へと戻ったイクチオプテリギアですが、三畳紀初期には、海のライフスタイルに十分に適応していたとされています。



  1. References:
  2.  
  3. Yasuhisa Nakajima, Alexandra Houssaye, and Hideki Endo (2012) 
  4. Osteohistology of Utatsusaurus hataii (Reptilia: Ichthyopterygia): Implications for early ichthyosaur biology. 
  5. Acta Palaeontologica Polonica (in press) 
  6. doi: http://dx.doi.org/10.4202/app.2012.0045
----------  コメント(0)



 三畳紀前期の滑空爬虫類、ロンギスクアマの羽根の構造についての論文が報告されています。 New Scientistや、 The Pterosaur Heresiesが紹介しています。  

 恐竜から鳥類への進化に絡めて議論があり、大多数は、ロンギスクアマは鳥類とは無関係としていますが、この構造が鳥類へとつながったとする研究者もいます。  

 論文では、別に見つかっている羽根の分析から、両者の中間のような新しい説を述べています。 これらの羽根の構造を進化させた遺伝子が、やがての恐竜や翼竜の羽毛や毛につながったのではないかというのです。 


 ロンギスクアマ(Longisquama insignis)は、四肢のほかに背中に羽根がある、三畳紀前期の滑空爬虫類です。 1960年代にキルギスタンで標本が見つかったのですが、羽根らしき構造は植物ではないかとされ、ロンギスクアマのものではないとする意見もあるそうです。  

 恐竜から鳥類への進化に絡めて、議論がある羽毛構造ですが、いずれにせよ、ロンギスクアマが鳥類へとつながったとする研究者は少数です。  

 一方、カンザス大のLarry Martinのように、鳥類がこれらの爬虫類から進化したとする研究者もいます。  

 論文では、ドイツ大のフライベルグ大のMichael Buchwitz らが、最近見つかったロンギスクアマノの羽根について述べています。 

 これは植物ではなく、ロンギスクアマのものとしています。 また、ウロコでも羽毛でもないとされ、羽毛のような分枝はないのですが、中央にフィラメントがあり、それらは羽毛の進化を彷彿とさせるものがあるそうです。  

 ロンギスクアマが直接鳥類へとつながるわけではなく、また、進化の袋小路というわけでもなく、その羽根を進化させた遺伝子が、やがての恐竜や翼竜の羽毛や毛の進化につながったとされています。


  1. References:
  2.  
  3. Buchwitz M and Voigt S 2012. 
  4. The dorsal appendages of the Triassic reptile Longisquama insignis: reconsideration of a controversial integument type. Paläontologische Zeitschrift (advance online publication) 
  5. DOI: 10.1007/s12542-012-0135-3
----------  コメント(0)



新種のキノドン類/インド

 インドにある三畳紀前期の地層(Panchet Formation)で発見された新種のキノドン類が記載されています。  

 哺乳類の直接の祖先ではない非哺乳類型(non-mammalian)のキノドン類とされ、爬虫類(獣弓類)から哺乳類への変遷に重要な情報を与えるとされています。 全文が読めます。  

 左下顎の一部が発見されたもの。他のキノドン類とは異なる特徴があり、学名は、Panchetocynodon damodarensis とされています。    
 三畳紀のゴンドワナ大陸からのキノドン類の発見は多いのですが、今のインド亜大陸からの発見は少ないそうです。 

 今回の地層からは、1987年にThrinaxodon bengalensis が報告されているだけですが、詳細な系統的な報告は無いようです。また、他のインドのキノドン類は、三畳紀後期(Carnian)からの発見とされています。  

 系統的には、今回の P. damodarensis は、 非哺乳類型のキノドン類とされています。この 非哺乳類型のキノドン類は、爬虫類(獣弓類)から哺乳類への変遷、特に歯やあごの進化に重要な情報を与えるとされています。  

 ちなみに、最も哺乳類の直接の祖先に近縁とされているのは、より進化したタイプで三畳紀中期のProbainognathus です。

 


  1. References:

  2. D. P. Das and Abir Gupta (2012)
  3. New cynodont record from the lower Triassic Panchet Formation, Damodar valley.
  4. Earth and Environmental Science Journal of the Geological Society of India, 79(2), 175-180 
  5. DOI: 10.1007/s12594-012-0022-2
----------  コメント(0)



恐竜の夜明け/Science News

 Dawn of the Dinosaurs (恐竜の夜明け)は、Science News 5/21 号の記事です。副題は、ジュラシックパークではなくて、三畳紀パークです。

 セレノらは、アルゼンチンで、恐竜の共通祖先に近い化石を発掘中とか。 ニワトリに似ていて、二足歩行、"ur-dinosaur" と呼ばれているそうです。"ur" の意味は不明です。

 

 また、ポーランドで発見された足跡化石も紹介されています。

 昨年10月に、恐竜形類の出現はより早かったで紹介したProrotodactylus と名づけられた2億5000万年前の恐竜形類の足跡化石です。

 恐竜のものとする意見もあると紹介されています。

----------  コメント(3)



 ポーランドにある三畳紀初期?中期(約2億5000万年前)の地層で発見された、恐竜形類(dinosauromorph)などの足跡化石が、Proc. R. Soc. B に報告されます。

  恐竜形類の登場はペルム期末の大量絶滅の数百万年後とされ、従来考えられていたよりも早かったようです。PhysOrgなどが伝えています。

  報告されているのは、 Prorotodactylus と名づけられた2億5000万年前の恐竜形類と、最古の恐竜類とされる2億4600万年前の Sphingopus の足跡化石です。

  なお、恐竜と伝えているマスコミもありますが、最も古い足跡化石は、祖先にあたる恐竜形類(dinosauromorph)であって、恐竜(Dinosauria)ではありません。

 最古の恐竜化石は、2億4200万年前のもの。そもそも恐竜は、骨格の特徴から定義されているので、厳密には足跡だけからそれらが恐竜又は恐竜形類と結論はつけられないはずです。

 

  1. Footprints pull origin and diversification of dinosaur stem lineage deep into Early Triassic
  2. Stephen L. Brusatte et al.
  3. Proc. R. Soc. B published online before print October 6, 2010

 

  Prorotodactylus の足跡は第2-4指が平行になっており、4足歩行だったとされています。

  復元イラストでは、華奢な体で手足は長く、イエネコほどと小型です。

 年代的には、ペルム期末の大量絶滅(2億5230万年前)の数百万年後とされ、従来考えられていたよりも、500-900万年ほど出現は早かったようです。

----------  コメント(0)



意外と早かった直立歩行

 四肢動物は以前考えられていたよりも早く直立歩行したとする論文が報告されています。BBC が伝えています。  

 従来は骨格化石から、ペルム紀の大絶滅(約2億5200万年前)のおよそ2500万年後と考えられていました。  

 今回、この時期に骨格化石より豊富な足跡化石から調べたところ、三畳紀初期の600万年以内に直立歩行に移行したとしています。



  1. Tetrapod postural shift estimated from Permian and Triassic trackways 
  2. KUBO, TAI(久保泰), BENTON, MICHAEL J. 
  3. Palaeontology, 52(5), p. 1029-1037, 2009
----------  コメント(0)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)