Bajocianの最新ニュース

 目が大きいことで有名なオフタルモサウルス類(ophthalmosauridae)といえば、ジュラ紀後期に放散し、白亜紀にかけて栄えた魚竜とされています。

 今回、アラスカにあるジュラ紀中期の地層からは初めてとなる、オフタルモサウルス類の魚竜化石について報告されています。

 アラスカは、最古のオフタルモサウルス類の一つが見つかり、また、北半球では唯一、ジュラ紀中期のオフタルモサウルス類が記載されている場所です。

 今回の発見から、オフタルモサウルス類は急速に多様化し、ジュラ紀中期のバッジョシアン初期までには既に、幅広く分布していたと考えられています。

 
 


  1. References:
  2.  
  3. Patrick S. Druckenmiller & Erin E. Maxwell (2013) 
  4. A Middle Jurassic (Bajocian) ophthalmosaurid (Reptilia, Ichthyosauria) from the Tuxedni Formation, Alaska and the early diversification of the clade. 
  5. Geology Magazine (advance online publication) 
  6. DOI: http://dx.doi.org/10.1017/S0016756813000125
----------  コメント(0)



 英国にあるジュラ紀中期の地層で発見された竜脚類の足跡化石について報告されています。  前脚部分に皮膚印象が残され、ジュラ紀中期としては、最初の恐竜の皮膚印象とされています。

 ヨークシャーにあるアーレニアンからバソニアンの地層からの発見で、後ろ脚から、Brontopodus 属(種不明)とされています。   

 5本指で、第1-3指に爪があり、おそらく皮膚で覆われているとされています。 ひとつの前脚には、多角形のウロコと、他で報告されている竜脚類の皮膚テクスチャの一部が残されているそうです。


  1. References:
  2.  
  3. Mike ROMANO & Martin A. WHYTE. 2012. 
  4. Information on the foot morphology, pedal skin texture and limb dynamics of sauropods: evidence from the ichnological record of the Middle Jurassic of the Cleveland Basin, Yorkshire, UK. 
  5. Zubia, 30: 45-92.
----------  コメント(0)



 魚竜の進化において、ジュラ紀前期から中期にかけて大きな変化がありました。 

 ジュラ紀前期の魚竜は、中期(アーレニアン晩期)に登場した眼の大きなオフタルモサウルス類に完全にとってかわられ、ジュラ紀中期(1億7600万年前-1億6500万年前 )は、オフタルモサウルス類の時代とされています。

 今回、ジュラ紀中期の地層で発見された、オフタルモサウルス類ではない、ステノプテリギウス属の新種の魚竜化石が報告されています。
 
 ジュラ紀前期に多様で豊富だったステノプテリギウス属ですが、北半球のジュラ紀中期の地層からは初めての発見とされています。

 
 ジュラ紀は、前期晩期のトアルシアンから、中期のアーレニアン、バソニアンと区分されています。  

 今回は、ドイツ南西部にある地層(Opalinuston Formation、初期アーレニアン)で、一部関節した化石が見つかったもの。  

 頭部や前ヒレから、ステノプテリギウス属の新種とされ、Stenopterygius aaleniensis と命名されています。  

 ジュラ紀前期のステノプテリギウス属は多様で豊富に見つかっていますが、北半球のジュラ紀中期の地層からは初めての報告で、また、アーレニアンからは初めての発見とされています。  

 サイズや形態における多くの点で前期のステノプテリギウス属の魚竜に類似しており、トアルシアン末に起きたと考えられている主な環境の変化はより後で、その変化は劇的ではなかったとされています。  

 また、アーレニアンとバソニアンの間に、北半球ではオフタルモサウルス類はいなかったとされています。



  1. References:
  2.  
  3. Erin E. Maxwell, Marta S. Fernández & Rainer R. Schoch (2012) 
  4. First Diagnostic Marine Reptile Remains from the Aalenian (Middle Jurassic): A New Ichthyosaur from Southwestern Germany. 
  5. PLoS ONE 7(8): e41692. 
  6. doi:10.1371/journal.pone.0041692
----------  コメント(0)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)