Kimmeridgianの最新ニュース

エラフロサウルス再評価

 タンザニアで見つかったElaphrosaurus bambergi(エラフロサウルス・バンベルギ) といえば、新しい時代まで生きのびたコエルロサウリアと考えられたこともあった獣脚類です。

 オルニトミモサウリアとされた時もありましたが、最近では基盤的なケラトサウルスとされていました。ジュラ紀後期の地層で発見され、1920年に記載されています。

 今回、再評価された論文が報告されています。

 非常に細長くくびれた頚椎、強く変形した前肢のある拡張した肩帯、比較的小さな腸骨など、アベリサウロイデア(上科)のノアサウリダエ(Noasauridae、科)と共通する特徴が多いことが確認されています。

 新種か、アベリサウロイデア/ブラジル(2016年2月)で紹介していますが、アベリサウロイデアは、比較的小型のノアサウリダエと大型のアベリサウリダエの2つのクレードに大別されます。

 エラフロサウルスの推定全長は6メートルほどです。  そして今回、ノアサウリダエを2分するサブクレード、エラフロサウリナエ(Elaphrosaurinae、エラフォサウルス亜科)が提唱されています。



  1. References:
  2.  
  3. Oliver W. M. Rauhut and Matthew T. Carrano (2016) 
  4. The theropod dinosaur Elaphrosaurus bambergi Janensch, 1920, from the Late Jurassic of Tendaguru, Tanzania. 
  5. Zoological Journal of the Linnean Society (advance online publication) 
  6. DOI: 10.1111/zoj.12425
----------  コメント(0)



 ステゴサウルスはよく知られた恐竜にもかかわらず、産出する化石がバラバラだったり、関節していても部分的だったりと、保存状態のよい標本は稀なのです。

 今回、ワイオミング州のモリソン層で発見された保存状態のいいステゴサウルス(Stegosaurus stenops )の頭部より後ろの骨格について再記載されています。なお、頭部については別論文で報告されるようです。  

 全ての骨格要素と、新たに70以上の特徴が示されています。 1877年にステゴサウルスが初めて記載されてから1世紀以上になるのですが、詳細な記載は、初めてとされています。

 図は、骨格復元モデル(Susannah Catherine Rose Maidment,et al., 2015)。骨盤の上には、1枚だけ、大きなプレート(Plate 13)がありますね。

 前部が欠けているのですが、高さ(背腹方向の最大長)は、785mmとされています。その前後より、25センチほど長いプレートです。

 今までの復元に比べて、首が長いような気もしますね。ノドの部分を保護する皮骨もありません。


Stegosaurus stenops.jpg



 2003年に発見された標本(NHMUK PV R36730)で、完全に成熟していない個体とされています。  

 愛称はソフィーですが、性別は不明です。
 
 成熟した雌にしかない骨髄骨(medullary bone)が見られないことから、オスか妊娠していないメスとされています。



  1. References:
  2.  
  3. Susannah Catherine Rose Maidment, Charlotte Brassey & Paul Michael Barrett (2015) 
  4. The Postcranial Skeleton of an Exceptionally Complete Individual of the Plated Dinosaur Stegosaurus stenops (Dinosauria: Thyreophora) from the Upper Jurassic Morrison Formation of Wyoming, U.S.A. 
  5. PLoS ONE 10(10): e0138352. 
  6. doi:10.1371/journal.pone.0138352
----------  コメント(0)



 病理学的標本に基づき、アロサウルスのライフスタイルについて考察した論文が報告されています。

 ワイオミングにあるジュラ紀後期の地層(Morrison Formation)で発見された成体化石を調べたもので、複数の病状が示されています。

 おそらく致命的だった坐骨骨折を除いて、全ての外傷や外傷性感染による病理的な部分は、明確に治癒したことを示しているそうです。

 複数の外傷性病変が見られることから、大型ボティの獣脚類は生涯を通して頻繁に怪我をしたとされています。

 そして、プレデターとしての活発なライフスタイルと、怪我からサバイバルしたことから、アロサウルスが群れで過ごしたのではないかとされています。


 


  1. References:
  2.  
  3. Christian Foth, Serjoscha Evers, Ben Pabst, Octávio Mateus, Alexander Flisch, Mike Patthey & Oliver W. M. Rauhut (2015) 
  4. New insights into the lifestyle of Allosaurus (Dinosauria: Theropoda) based on another specimen with multiple pathologies. 
  5. PeerJ PrePrints 3:e824v1 
  6. doi: http://dx.doi.org/10.7287/peerj.preprints.824v1
----------  コメント(0)



 先日、独立が否決されたスコットランドでですが、この地方で初めて発見された翼竜化石が報告されています。

 ジュラ紀後期 (Kimmeridgian)の地層からの発見で、大英博物館に残されたラベルによると、採集されたのは、1850年とのことです。

 メアリーアニングが、英国で最初の翼竜化石・ディモルフオドンを発見したのは、1928年であり、今回の発見は、英国でも初期の翼竜化石とされています。



  1. References:
  2.  
  3. Lorna Steel & Michael O'Sullivan (2014) 
  4. A Scottish pterosaur in London: the first record of Pterosauria from the Upper Jurassic (Kimmeridgian) of Eathie (Ross and Cromarty), Scotland. 
  5. Historical Biology (advance online publication) 
  6. DOI:10.1080/08912963.2014.961063
----------  コメント(0)



 アフリカからの翼竜化石は非常に稀だそうです。

 今回、タンザニアにあるジュラ紀後期のテンダグル層(Tendaguru Formation)で発見された翼竜化石が報告されています。

 アズダルキダエ(Azhdarchidae、アズダルコ科)の新種で、基盤的なプテロダクティロイド( Pterodactyloidea、プテロデクティティルス上科)の、おそらくタペジャロイデア(Tapejaroidea、タペジャラ上科) ではないかと考えられています。


 


  1. References:
  2.  
  3. Fabiana Rodrigues Costa, Juliana Manso Sayão & Alexander Wilhelm Armin Kellner (2014) 
  4. New pterosaur material from the Upper Jurassic of Tendaguru (Tanzania), Africa. 
  5. Historical Biology (advance online publication) 
  6. DOI:10.1080/08912963.2014.901314
----------  コメント(0)



 Zby atlanticus とは短い属名ですね。ポルトガルにあるジュラ紀後期の地層(Lourinhã Formation)で発見され、新種記載された竜脚類てず。

 系統的には、新竜脚類ではない真竜脚類とされ、スペインで発見された Turiasaurus riodevensis に近縁とされています。

 これまでポルトガルで発見されているジュラ紀後期の竜脚類(成体)は、すべて非常に大きな個体です。

 小型から中型の竜脚類がいない理由として、首の長いステゴサウルスの Miragaia longicollumなど、竜脚類以外の恐竜が、低い位置の植物を食べるというニッチを占有していたためかもしれないとされています。




  1. References:
  2.  
  3. Octávio Mateus, Philip D. Mannion & Paul Upchurch (2014) 
  4. Zby atlanticus, a new turiasaurian sauropod (Dinosauria, Eusauropoda) from the Late Jurassic of Portugal. 
  5. Journal of Vertebrate Paleontology 34(3): 618-634 
  6. DOI:10.1080/02724634.2013.822875
----------  コメント(0)



 ポルトガルにあるジュラ紀後期の ローリンハ層(Lourinhã Formation)は、さまざまな恐竜化石を産出することから、北米のモリソン層に似ているとされています。

 かつて、ローリンハ層で発見され、モリソン層でも見つかっている Torvosaurus tanneri とされていた標本を再解析した結果、新種の Torvosaurus gurneyi とする論文が報告されています。

 メガロサウルス類(Megalosauridae )の系統で、推定全長(尾を含めた長さ)は10メートル、体重は4-5トンとされています。

 ポルトガルのローリンハ層では最大の獣脚類で、ジュラ紀最大のプレデターの一種で、ヨーロッパで最大の陸上プレデターとされています。

 ヨーロッパと北米での近縁種の存在から、ジュラ紀後期には既に原始大西洋が形成され、イベリアメセタ(Iberian Meseta)では、分断分布が生じていたと考えられています。



  1. References:
  2.  
  3. Christophe Hendrickx & Octávio Mateus (2014) 
  4. Torvosaurus gurneyi n. sp., the Largest Terrestrial Predator from Europe, and a Proposed Terminology of the Maxilla Anatomy in Nonavian Theropods. 
  5. PLoS ONE 9(3): e88905. 
  6. doi:10.1371/journal.pone.0088905
----------  コメント(0)



 ポルトガルにあるジュラ紀後期の地層で発見された竜脚類、Lourinhasaurus alenquerensis (ローリンナサウルス)の系統的な位置について再評価されています。

 レクトタイプは、ポルトガルからの、そしてジュラ紀後期のヨーロッパからの、最も完全な竜脚類標本のひとつとされています。

 かつては、アパトサウルスやカマラサウルスとされたこともあったのですが、今回の解析で、マクロナリアのカマラサウルス形類( Camarasauromorpha)としています。

 なお、レクトタイプ(Lectotype)とは、ホロタイプが失われたりしてない場合、基準となる標本です。



  1. References:
  2.  
  3. Pedro Mocho Rafael Royo-Torres & Francisco Ortega (2014) 
  4. Phylogenetic reassessment of Lourinhasaurus alenquerensis, a basal Macronaria (Sauropoda) from the Upper Jurassic of Portugal. 
  5. Zoological Journal of the Linnean Society (advance online publication) 
  6. DOI: 10.1111/zoj.12113
----------  コメント(0)



 日本で恐竜の歯が見つかっても、鋸歯(ギザギザ)があるので獣脚類だ・・・なんて、子供でも分かりそうな話で終わったりします。

 しかし、獣脚類の歯は特徴的で、遊離した1本の歯の化石だけからもそれなりの系統解析ができるようです。もちろん、関連する骨格化石などの背景データが必要でしょう。

 今回紹介する論文では、141もの歯列ベースの形質(特徴)について解析されています。 

 中には、アベリサウリダエ(Abelisauridae、科)の歯も含まれ、ローラシア大陸におけるジュラ紀の最初の化石記録で、世界最古の記録とされています。

 このことから、ヨーロッパで、アベリサウリダエは白亜紀前期以前に十分放散していた可能性が示唆されています。


 ポルトガルにあるジュラ紀後期(Kimmeridgian-Tithonian)の地層(Lourinhã Formation)で発見された、4本の獣脚類の遊離歯です。  

 ローリンハ最大の歯は、Torvosaurus tanneri のものとされ、最小の歯は、Richardoestesia のものとされています。



  1. References:
  2.  
  3. Christophe Hendrickx & Octávio Mateus (2014) 
  4. Abelisauridae (Dinosauria: Theropoda) from the Late Jurassic of Portugal and dentition-based phylogeny as a contribution for the identification of isolated theropod teeth. 
  5. Zootaxa 3759 (1): 001-074 (Monograph) (pdf)
----------  コメント(0)



バロサウルスの採餌スタイル

 Barosaurus lentus(バロサウルス・レンタス)といえば、アメリカ自然史博物館の玄関ホールで、立ち上がった姿で展示されている竜脚類です。

 長い首も有名で、今回、頚椎の形状から、その摂食スタイルについて考察した論文が報告されています。オープンアクセスです。

 図は、Kaeetodocus (左)とバロサウルスの頚椎の比較(Michael P Taylor et al., 2013) 。

 バロサウルスは 横方向に広いが、前後方向に短い関節突起面などの特徴から、首の横方向の柔軟性は大きい一方で、垂直方向の柔軟性は制限されるとしています。  

 これらから、バロサウルスは、地上の長い枝を刈り取って食べていたとされ、他の竜脚類とは異なる摂食方法だったと考えられています。

 図で、上は、背中方向から、下は、右側面から見ています。バロサウルスは、首の狭いディプロドクスより、アパトサウルスに似ているとされています。




barosaurus.jpgのサムネール画像

 なお、バロサウルスは、モリソン層にあるジュラ紀後期の地層で見つかっているディプロドクス類で、同層には、少なくとも9 種のディプロドクス類がいたようです。

 しかし、いわゆる科レベルのデイプロドクス類(Diplodocidae)になると、モリソン層以外では、わずか2種(ポルトガル産のDinheirosaurus と、タンザニアの Tornieria)しか知られておらず、時間的にも場所的にも限られた恐竜だったのです。


 論文では、横方向に広いが、前後方向に短い関節突起面などの特徴から、首の横方向の柔軟性は大きい一方で、垂直方向の柔軟性は制限されるとしています。  

 これらから、バロサウルスは、地上の長い枝を刈り取って食べるような、他の竜脚類とは異なる摂食方法だったと考えられています。



  1. References:
  2.  
  3. Michael P Taylor & Mathew J Wedel (2013) 
  4. The neck of Barosaurus was not only longer but also wider than those of Diplodocus and other diplodocines. 
  5. PeerJ PrePrints 1:e67v1 
  6. doi: http://dx.doi.org/10.7287/peerj.preprints.67v1
----------  コメント(0)



 ポルトガル中西部にあるロウリニャン(Lourinhã)といえば、ジュラ紀の獣脚類、ロウリンハサウルスや、竜脚類のロウリンサウルスが見つかっているところです。

 また6月には、「基盤的獣脚類初の卵殻と胚/トルボサウルス」として、ロウリニャン層で発見されたトルボサウルス(Torvosaurus)のものとされる卵殻と胚について紹介しています。

 今回、同じ地層で新たに発見された2つの獣脚類の卵化石サイトが報告されています。ただ、卵殻のみで、今のところ、胚は見つかっていないようです。

 
 ロウリニャン近くの、Casal da Rola 地区と Porto das Barcas 地区です。最初の地区からの卵殻は、暫定的にロウリンハノサウルスのものとされています。  

 一方、後者の卵殻の形態は多孔質で、この構造は先に紹介したトルボサウルスの卵殻にも見られるそうです。



  1. References:
  2.  
  3. Vasco Ribeiro, Octávio Mateus, Femke Holwerda, Ricardo Araújo & Rui Castanhinha (2013) 
  4. Two new theropod egg sites from the Late Jurassic Lourinhã Formation, Portugal. 
  5. Historical Biology (advance online publication) 
  6. DOI:10.1080/08912963.2013.807254
----------  コメント(0)



 ゲオサウルス( Geosaurus)といえば、恐竜ではなくて、高度に水中適応した海生クロコダイル形類です。

 メトリオリンクス類(Metriorhynchidae)の系統で、細長い体つきで、鋭い歯と尾びれを持っています。

 今回、英国にあるジュラ紀後期の地層で発見された、最古の脱落歯標本について報告されています。

 最近再記載されたTorvoneustesとあわせ、キンメリッジアンまでには、サブクレード、Geosaurini の多様化が進んでいたとされています。

 
 今回の発見で、 Kimmeridgian Clay Formation層下部からは、4属の Geosaurini (サブクレード)が見つかっているそうです。  

 バラクーダのような体つきで鋭い歯を持つゲオサウルスや、貝殻を割って食べる(durophagous )Torvoneustesなど、この仲間は、多様な食餌メカニズムを進化させたとされています。



  1. References:
  2.  
  3. Mark T. Young, Lorna Steel & Heather Middleton (2013) 
  4. Evidence of the metriorhynchid crocodylomorph genus Geosaurus in the Lower Kimmeridge Clay Formation (Late Jurassic) of England. 
  5. Historical Biology (advance online publication) 
  6. DOI:10.1080/08912963.2013.801468
----------  コメント(0)



 プリオサウルスといえば、ジュラ紀中期から約1億1000万年にわたり、海洋生態系の上位を占めた捕食者です。

 なかには、頭部だけで2メートルを超える大型種もいたのですが、大量絶滅以前の白亜紀後期の早期に絶滅してしまいます

 今回、英国にあるジュラ紀後期の地層で発見された、新種の大型プリオサウルス類が報告されています。

 プリオサウルス類は、白亜紀前期にかけて大型化したのですが、白亜紀後期にはそのサイズは縮小傾向にあったとされています。

 
 論文では、 Pliosaurus kevani. , P. carpenteri、P. westburyensis の3種の、Pliosaurus 属の新種を記載しています。  

 白亜紀前期にかけて、体のサイズは大きくなり、頭蓋骨の最大長は2360ミリにもなったそうです。これは大きな獲物を食べるのに適応したのかもしれないとされています。  

 しかし、白亜紀後期早期に絶滅する前には最大長は1750ミリと、そのサイズは縮小傾向にあったとされています。


  1. References:
  2.  
  3. Roger B. J. Benson mail, Mark Evans, Adam S. Smith, Judyth Sassoon, Scott Moore-Faye, Hilary F. Ketchum, and Richard Forrest (2013) 
  4. A Giant Pliosaurid Skull from the Late Jurassic of England. 
  5. PLoS ONE 8(5): e65989. 
  6. doi:10.1371/journal.pone.0065989
----------  コメント(0)



 ワイオミングにあるジュラ紀後期(キンメリッジアン)のモリソン層で発見された、新種のディプロドクス類が記載されています。

 竜脚類としては珍しく、頭部と頚椎が発見されており、Kaatedocus siberi (カアアテドクス・シベリ)と命名されています。タイプ標本は亜成体ではないかとされています。 

 スイスの博物館(Sauriermuseum)で保管されているようで、ThurgauerZeitungに、映像があります。世界で最も保存状態のいい首だそうです。

 
 系統的にディプロドクス類は、フラゲリカウダタ(Flagellicaudata)、ディプロドシダエ(Diplodocidae)、ディプロドシナエ(Diplodocinae)というクレードが提唱されています。

 今回のカアアテドクスは、ディプロドシナエの基盤的な位置づけです。かつての"亜科"ですね。  また、ディンヘイロサウルス(Dinheirosaurus)とスーパーサウルスは、アパトサウルスとディプロドシナエの姉妹群とされ、最も基盤的なディプロドシダエとされています。


  1. References:
  2.  
  3. Emanuel Tschopp & Octávio Mateus (2012) 
  4. The skull and neck of a new flagellicaudatan sauropod from the Morrison Formation and its implication for the evolution and ontogeny of diplodocid dinosaurs. 
  5. Journal of Systematic Palaeontology (advance online publication) 
  6. DOI:10.1080/14772019.2012.746589
----------  コメント(0)



竜脚類の幼体化石の系統解析

 ジュラ紀後期のモリソン層で発見された竜脚類のほとんど完全な幼体化石について報告されています。 

 体長は2メートルほど。ディプロドクス類とされていましたが、系統解析では、いくつかのディプロドクス類の特徴を欠き、基盤的なティタノサウルス形類(titanosauriform)とされています。 

 含気性構造や神経棘の変化、四肢のアロメトリックな成長を含めて、成長段階の違いによる主な個体発生的な変化はほとんど見られないとしています。 



  1. References:
  2.  
  3. JOSÉ L. CARBALLIDO, JEAN S. MARPMANN, DANIELA SCHWARZ-WINGS & BEN PABST 
  4. New information on a juvenile sauropod specimen from the Morrison Formation and the reassessment of its systematic position 
  5. Palaeontology, 55(3), p.567-582, 2012
  6. DOI: 10.1111/j.1475-4983.2012.01139.x
----------  コメント(0)



 モロッコにあるジュラ紀後期の地層で発見された4本指の獣脚類の足跡化石について報告されています。 

 43のサイトに1500以上の足跡化石が残され、最近の調査でその時代は、Oxfordian-Kimmeridgian とされています。

 足跡につけられる学名、Boutakioutichnium atlasicus が提唱されています。2足歩行で足跡の幅は狭いとされています。

 以前つけられた名称 "Eutynichnium atlasipodus"は、正式な記載が無く無効名としています。

 

Boutakioutichnium_atlasicus.jpg 

 図は、Boutakioutichnium atlasicus のホロタイプ。 ハラックス(hallux、右下にある第1指)が特徴です。

 長さは45cmで、幅は30cm。ハラックスは第2指ほどの長さで、パッドが2つあります。

 通常、ハラックスが残された足跡化石には、中足骨の跡を伴います。ハラックスは比較的高い位置にあり、軟らかい地盤を深く踏んだ場合についた跡が多いからです。

 しかし、今回の足跡には中足骨の跡はありません。 足跡をつけた恐竜、第1指の位置が低かったのでしょうか。

 

 

  1. References:
  2.  
  3. Nouri, J., Díaz-Martínez, I.& Pérez-Lorente, F. (2011)
  4. Tetradactyl Footprints of an Unknown Affinity Theropod Dinosaur from the Upper Jurassic of Morocco.
  5. PLoS ONE 6(12): e26882.
  6. doi:10.1371/journal.pone.0026882
----------  コメント(0)



 ジュラ紀の恐竜化石から、骨パジェット病(Bone Paget disease)に似た痕跡が見つかったとする論文が報告されています。

 基盤的イグアノドン類、 Dysalotosaurus lettowvorbecki の脊椎骨の内部構造を、X線CTスキャンなどで調べています。

 1910-1912年にかけて、タンザニアにあるジュラ紀後期のテンダグル層で発見され、ベルリン自然史博物館に保管されていた化石です。

 骨パジェット病は、骨の代謝に異常が生じ、骨の肥厚や変形を起こす慢性疾患です。ウイルス感染の関与が考えられていることから、間接的ですが、最古のウイルスの化石記録とされています。

 

 Dysalotosaurus lettowvorbecki は、体長2-4メートルとテンダグルで見つかる恐竜としては最小で、後ろ足の長さや形状から、二足で速く走れたとされています。

 多数の化石が見つかっていることから、おそらく群れで暮らしていたとされています。 

 

  1. References:
  2.  
  3. Florian Witzmann et al., 2011
  4. Paget disease of bone in a Jurassic dinosaur
  5. Current Biology, 21(17), R647-R648, 13 September 2011
  6. doi:10.1016/j.cub.2011.08.006
----------  コメント(0)



$275万で落札、"The Fighting Pair"

 テキサスで開催されたオークションで、"The Fighting Pair(戦うペア)"と呼ばれるアロサウルスとステゴサウルス類の2頭の恐竜化石が、$275万($2,748,500 )で競り落とされました。

 Telegraph などが伝えています。 落札したのは、米国以外の博物館だそうです。 Heritage Auctions が開催したもので、化石の詳細は、The Fighting Pair (pdf)にあります。

  

 発掘の様子や展示骨格などは、The Fighting Pair(YouTube)にあります。以下はその映像の一部です。

 Fighting_Pair.jpg 

 2つの化石は、2007年に、ワイオミング州にあるジュラ紀の地層(モリソン層)で発見され、アロサウルスは、"Dracura"の愛称で呼ばれ、ステゴサウルス類の愛称は、"Fantasia"です。

 いずれもジュラ紀の代表的な恐竜ですが、両者が同時に見つかることは無かったそうです。

 この発見では、同時に見つかっただけでなく、アロサウルスのアゴの近くで、ステゴサウルス類の上腕骨が発見されています。両者は、戦いの最中だったのではないかとされています。

 詳しい調査研究は行われていませんが、アロサウルスは、70-75%の化石が保存され、Allosaurus jimmadseni ではないかとされています。Allosaurus fragilis よりスレンダーで原始的だそうです。

 ステゴサウルス類は、75-80%の化石が保存され、より原始的な属のHesperosaurus mjosi ではないかとされています。

----------  コメント(0)



スーワセア続報

 モンタナで発見された新種の竜脚類、スーワセア・エミリエアエ(Suuwassea emilieae)の記載論文・Acta Palaeontologica Polonica がダウンロードできます。

 新たにFlagellicaudata というクレード(分類群)が定義されています。このクレードは、「ディクラエオサウルスとディプロドクスの最も新しい共通の祖先から派生する全ての子孫」です。
----------  コメント(1)



 モンタナで発見された竜脚類、スーワセア・エミリエアエ(Suuwassea emilieae)について、Acta Palaeontologica Polonica に新種記載されています。ペンシルバニア大が伝えています。下のほうに骨格イメージがあります。

 

  1. A new diplodocoid sauropod dinosaur from the Upper Jurassic Morrison Formation of Montana, USA
  2. Jerald D. Harris and Peter Dodson
  3. Acta Palaeontologica Polonica 49 (2), 2004: 197-210

 

 およそ1億5000万年前のモリソン層で発見されたもので、ディプロドコイデア(Diplodocoidea、ディプロドクス上科)の共有派生形質を持っているとしています。近縁種より尾椎は短いそうです。

 この分類群は、デイプロドクスなどが属するDiplodocidae と、アマルガサウルスなどが属するDicraeosauridae からなるのですが、これらの起源に新たな知見を与えるとしています。

 著者の一人、ピータードットソンは米国の恐竜では初めて、頭部の先端の鼻孔付近に第2の穴があると述べています。この特別な穴は謎としています。

 Suuwassea emilieaeという学名は、"SOO-oo-WAH-see-uh eh-MEE-LEE-aye"と発音するそうです。単純に、"・・saurus"としないところにセンスを感じますね。

 属名は、"春雷"を意味する"suuwassa"から。竜脚類をかつて雷竜と呼んだことに由来しています。種小名は、化石発掘に資金援助した故エミリー(Emilie deHellebranth)さんにちなんだもの。

----------  コメント(1)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)