Valanginianの最新ニュース

 ルーマニアの白亜紀の恐竜化石といえば、島で小型化した特殊な形態が有名ですが、白亜紀の最初期の大陸塊領域の恐竜についてはほとんどど知られていません。

 今回、ルーマニアにある白亜紀前期の地層で、1世紀以上前に発見されたカルカロドントサウリダエとされる歯の化石について報告されています。

 年代は、世界的にも恐竜化石の発見が少ないバランギニアン(1億3980万?1億3290万年前)で、このクレードとしては最古の化石記録とされています。

 定量的な分析によると、派生的なカルカロドントサウリダエであるカルカロドントサウリナエ(亜科)とされています。 

 カルカロドントサウリナエは、今まで、ゴンドワナからしか見つかっていません。

 今回の発見から、カルカロドントサウリダエの起源はヨーロッパで、白亜紀中期から後期にかけて、ヨーロッパからゴンドワナ西部に放散したのではないかとされています。

 ゴンドワナのカルカロドントサウリダエ としては、パタゴニアにある白亜紀前期・アプティアン(約1億2500-1億1200万年前)の地層から、ティラノティタン・チュブテンシス(Tyrannotitan chubutensis)が見つかっています。  

 このあたり、ティラノティタン/新種のカルカロドントサウリダエ(2005年4月)で紹介しています。




  1. References:
  2.  
  3. Zoltán Csiki-Sava, Stephen L. Brusatte & Stefan Vasile (2016) 
  4. "Megalosaurus cf. superbus" from southeastern Romania: The oldest known Cretaceous carcharodontosaurid (Dinosauria: Theropoda) and its implications for earliest Cretaceous Europe-Gondwana connections. 
  5. Cretaceous Research 60: 221-238 
  6. doi:10.1016/j.cretres.2015.12.004
----------  コメント(0)



魚竜の墓場/チリ

 チリ南部にある白亜紀前期の地層で発見された大量の魚竜化石について報告されています。

 その密度や種類から、白亜紀前期の海洋爬虫類の「化石ラガシュテッテン(Fossil Lagerstätten、特別に保存状態の良い標本がみつかる場所)」とされています。

 幼体から成体の46の関節した標本が見つかっており、オフタルモサウルス類(Ophthalmosauridae)の4種とされています。軟組織や胚、アンモナイトやベレムナイト、貝や魚類、植物化石も見つかっているそうです。

 これだけ大量の関節した魚竜化石が見つかることから、海底谷で濁流に飲み込まれ酸素欠乏になるといった大量死イベントがあったと考えられています。


 


  1. References:
  2.  
  3. Wolfgang Stinnesbeck, Eberhard Frey, Luis Rivas, Judith Pardo Pérez, Marcelo Leppe Cartes, Christian Salazar Soto and Patricio Zambrano Lobos (2014) 
  4. A Lower Cretaceous ichthyosaur graveyard in deep marine slope channel deposits at Torres del Paine National Park, southern Chile. 
  5. Geological Society of America Bulletin (advance online publication) 
  6. doi: 10.1130/B30964.1
----------  コメント(0)



 日本がまだ江戸時代で、恐竜の"き"の字も知らなかった頃から、英国では、恐竜化石が発見されていました。

 たとえば、アンキロサウルス類(ノドサウルス類)については、19世紀前半から、南東部にあるサセックス地方やワイト島で、2種類が見つかっています。Polacanthus foxii(ポラカントゥス)と、Hylaeosaurus armatus(ヒラエオサウルス)です。

 ポラカントゥスは、ほとんどが、バレミアン(1億2940万年ー1億2500万年前)の地層に限られるのに対し、ヒラエオサウルスは、バランギニアン(1億3980万年ー1億3290万年前)の地層からのみ見つかっています。

 今回、ポラカントゥスとしては最古とされる化石が、初めて、バランギニアンの地層から発見されています。  

 両者の解剖学的な特徴はかなり似ており、同時代から見つかったこともあるのですが、同一種では無いとされています。


 最古のポラカントゥス化石は、英国サセックス地方にある白亜紀前期(バランギニアン)の地層(Wadhurst Clay Formation)で発見されたもの。  

 新しい標本では、ポラカントゥスとしては初となる頬骨だけでなく、比較的まれなプレートやスピン(splate)が見つかっており、これは、肩(胸部)にあったのではないかとされています。    

 ちなみに、ヒラエオサウルスは、1833年にマンテルが記載しています。また、ポラカントゥスは、1865年にオーウェンが記載したことになっていますが、詳細は記録がなく、Anonymous(命名者不明)とする場合もあります。



  1. References:
  2.  
  3. William T. Blows & Kerri Honeysett (2014) 
  4. First Valanginian Polacanthus foxii (Dinosauria, Ankylosauria) from England, from the Lower Cretaceous of Bexhill, Sussex. 
  5. Proceedings of the Geologists' Association (advance online publication) 
  6. doi: http://dx.doi.org/10.1016/j.pgeola.2014.01.002
----------  コメント(0)



 ドイツでにある白亜紀前期の地層で発見されたアンキロサウルス類が報告されています。PNAS で、全文が読めます。

 断片的な頚胸側にあるスピンと上腕骨で、スピンは英国で見つかっている Hylaeosaurus armatus のものに似ているそうです。

 

  1. References:
  2.  
  3. Sven Sachs & Jahn J. Hornung (2013) 
  4. Ankylosaur Remains from the Early Cretaceous (Valanginian) of Northwestern Germany. 
  5. PLoS ONE 8(4): e60571. 
  6. doi:10.1371/journal.pone.0060571
----------  コメント(0)



 英国のサセックスとワイト島で発見されたノドサウルス類の歯の化石について報告されています。原稿ですが、全文が読めます。

 英国の白亜紀前期の地層からは初めての発見とされています。 ワイト島の歯は、おそらく、歯が見つかっていない Polacanthus foxii (ポラカントゥス・ホクシィ)のものではないかとされています。

 これらの歯は、北米で発見されているガストニアなどの歯に類似しているとされています。



  1. References:
  2.  
  3. William T. Blows and Kerri Honeysett (2013) 
  4. New nodosaurid teeth (Dinosauria, Ankylosauria) from the Lower Cretaceous of Southern England. 
  5. Acta Palaeontologica Polonica (in press) 
  6. doi: 10.4202/app.2012.0131
----------  コメント(0)



 遼寧省にある白亜紀後期の地層から、ほとんど完全なMei long の関節した化石が発見され、報告されています。 全文が読めます。

 2番めの標本で、 ホロタイプに似た原生鳥類のような寝姿です。丸まった尾が首の下にあることや、手足が体の下にある点は共通していますが、ホロタイプとは正反対の鏡像関係の化石です。

 系統解析からは、前回同様、基盤的なトロオドン類とされています。幼体のような特長を示す2歳以上の小型の成体で、小型ながら、長年にわたって成長したようです。 

 同じトロオドン類のシノルニトイデス(Sinornithoides)のホロタイプと似たような姿で、体を丸めて表面積を小さくし体温低下を防いだのではないかとされています。

 
 


  1. References:
  2.  
  3. Chunling Gao, Eric M. Morschhauser, David J. Varricchio, Jinyuan Liu & Bo Zhao (2012) 
  4. A Second Soundly Sleeping Dragon: New Anatomical Details of the Chinese Troodontid Mei long with Implications for Phylogeny and Taphonomy. 
  5. PLoS ONE 7(9): e45203. 
  6. doi:10.1371/journal.pone.0045203
----------  コメント(0)



アラゴサウルスの年代

 スペインで最初に記載された恐竜、Aragosaurus ischiaticus (アラゴサウルス・イスチアティクス)が発見された年代について再検討されています。

 白亜紀初期のカマラサウルス類ですが、従来よりも1500万年古いとされています。

 スペインでは古くから恐竜化石が見つかっていますが、最初の記載が1987年と、意外と新しいですね。 

 

  1. References:
  2.  
  3. J. I. CANUDO, J. M. GASCA, M. MORENO-AZANZA and M. AURELL (2011)
  4. New information about the stratigraphic position and age of the sauropod Aragosaurus ischiaticus from the Early Cretaceous of the Iberian Peninsula.
  5. Geological Magazine (advance online publication)
  6. DOI: 10.1017/S0016756811000732
----------  コメント(0)



最小のマニラプトル類/英国

 英国南東部で小さなマニラプトル類の化石が発見され、報告されています。

 イーストサセックスにあるHastings Group の Wadhurst Clay Formation からで、 時代は白亜紀前期のValanginian(約1億4020-1億3390万年前)。

 英国南部といえば、ワイト島(Barremian, Wessex Formation)が有名ですが、英国本土での小型獣脚類の発見は珍しいとされています。

 後部頚椎が発見され、全椎体は7.1mmと小さいのですが、成体とされています。推定全長は幅がありますが、16-40センチで世界最小の恐竜としています。

  系統的には、デイノニコサウルス類ではないマニラプトル類とされています。

 

  1. Darren Naish and Steven C. Sweetman, 2011
  2. A tiny maniraptoran dinosaur in the Lower Cretaceous Hastings Group: Evidence from a new vertebrate-bearing locality in southeast England.
  3. Cretaceous Research Accepted Manuscript, Available online 24 March 2011
  4. doi:10.1016/j.cretres.2011.03.001
----------  コメント(0)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)