Xiashaximiao Formation(Middle Jurassic)、四川省の最新ニュース

 中国、IVPP が発行するVertebrata PalAsiatica(古生物学報) Vol. 49, 2011 に、いくつかの新種記載論文があります。全文が読めますが中国語です。

 恐竜関係では、 四川省にあるジュラ紀中期の Xiashaximiao Formation で見つかったマメンチサウルス類、オメイサウルス属の新種、Omeisaurus jiaoi が記載されています。

 オメイサウルスといえば、体の3倍近くもある長い首と尾の先端に骨質のハンマーがあるのが特徴です。ほぼ完全な骨格化石が発見されているとありますが、この特徴的な部分は見つかっていないようです。

 Wikipedia によると、オメイサウルス属には7種もいるんですね。

 胴椎が高く大きいことや第1-6胴椎が後凹型(opisthocoelous)などの特徴が示されています。

 

 以下の図は、化石埋蔵状況を示した図です(JIANG Shan et al, 2011)。

 

 

 

Omeisaurus_jiaoi.jpg 

  1. References:
  2.  
  3. JIANG Shan, LI Fei, PENG Guang-Zhao, YE Yong. 2011
  4. A NEW SPECIES OF OMEISAURUS FROM THE MIDDLE JURASSIC OF ZIGONG, SICHUAN
  5. Vertebrata Palasiatica, 49, Pages 185-194, 2011 (pdf)
----------  コメント(0)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)