Xiaowa Formation(Late Triassic)、貴州省の最新ニュース

 魚竜の脊椎(尾椎)は、途中から折れ曲がっており、図のように折れ曲がる部分はテイルベンド(tailbend、尾の折れ曲がり)と呼ばれています。

 2000年に報告された三畳紀後期の Merriamosaurs には、既にくさび型の tailbend があったとされています。

 今回、貴州省にある三畳紀後期の魚竜化石の分析から、真の tailbend が進化したのは三畳紀後期とする論文が報告されています。

 2つの完全な Guanlingsaurus の骨格で、テイルベンド の曲がる角度は15度ほどで、ジュラ紀初期になると60度になるとしています。

 

 

 図は、魚竜のテイルベンド(Tailbend)構造 。脊椎が急角度で曲がっています。Wikipedia を一部改変しています。

 図ではわかりにくいのですが、骨自体が曲がっているわけではないようです。力のかかる部分ですが、筋肉や腱で、曲がった構造を維持していたのでしょうか。

 

Ichtyosaurs_tailbend.jpg  

  1. References:
  2.  
  3. JI Cheng et al., 2011
  4. True Tailbend Occurred in the Late Triassic: Evidence from Ichthyosaur Skeletons of South China
  5. Acta Scientiarum Naturalium Universitatis Pekinensis 47(2) 309-314 (北京大学学報)
----------  コメント(0)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)