Djadokhta Formatio(Late Cretaceous, Santonian- Campanian)の最新ニュース

 鳥類などは、下アゴ以外の頭部の骨を動かすことができる頭蓋キネシス(cranial kinesis、頭部の運動性)という頭部構造を持っています。 哺乳類ではまれで、ヒトにはありません。

 今回、頭部は動かせないながら、頭蓋キネシスの前提となる特徴を既に獲得している、新種のトロオドン類化石が記載されています。
 モンゴルにある白亜紀後期(Campanian)の地層(Djadokhta Formation)で発見されたトロオドン類(Troodontidae、科)で、Wikipedia で紹介されています。

 系統的には、トロオドンなどからなるクレードの姉妹群とされています。属名が「モンゴルのハンター」を意味する Gobivenator mongoliensis (ゴビヴェナトル・モンゴリエンシス)と命名されています。

 白亜紀後期のこのクレードとしては、最も完全な骨格とされ、特に、頭蓋骨は見事に保存され、トロオドン類の口蓋の全体構成の詳細情報が得られるとされています。


 口蓋の全体的な形態は、ドロマエオサウルス類や始祖鳥の口蓋に似ており、このあたりは、基盤的なアヴィアラエに向かっていたようです。  

 口蓋構成から、ゴビヴェナトルの頭部の骨は動かせなかった(無動性)のですが、上翼状骨(epipterygoid )が消失し、口蓋骨の間の接触面積が減少するというように、既に鳥類の頭蓋キネシスが進化するのための前提となる特徴を獲得しているとされています。



  1. References:
  2.  
  3. Takanobu Tsuihiji, Rinchen Barsbold, Mahito Watabe, Khishigjav Tsogtbaatar, Tsogtbaatar Chinzorig, Yoshito Fujiyama & Shigeru Suzuki (2014) 
  4. An exquisitely preserved troodontid theropod with new information on the palatal structure from the Upper Cretaceous of Mongolia. 
  5. Naturwissenschaften (advance online publication) 
  6. DOI: 10.1007/s00114-014-1143-9
----------  コメント(0)



 モンゴルのある白亜紀後期の地層で発見されたプロトケラトプス(Protoceratops andrewsi )の巣の化石について報告されています。

 15体の幼体化石を伴ったプロトケラトプス属の最初の巣とあります。

 Dinosaur Tracking に映像があります。卵殻はなく、幼体だけが埋まっています。

 

 幼体は比較的大きいサイズであることから、生まれた後も巣の近くに残り成長したとされています。

 また、角竜類においては、親が子供の世話をしたことや社会性は、系統的に基本的な行動だったことを示唆するとしています。

 

  1. References:
  2.  
  3. D. E. Fastovsky, D. B. Weishampel, M. Watabe, R. Barsbold, KH. Tsogtbaatar and P. Narmandakh (2011)
  4. A Nest of Protoceratops andrewsi (Dinosauria, Ornithischia).
  5. Journal of Paleontology 85(6):1035-1041
  6. doi: 10.1666/11-008.1
----------  コメント(0)



 ゴビ砂漠にある白亜紀後期(約8000万年前)の地層で発見されたドロマエオサウルス類、 Mahakala omnogovae (マハカラ・オムノゴバエ)の新たな標徴(diagnosis、クレードを識別する特徴)について報告されています。

 ツグリキンシレから発見され、2007年に、 今回と同じく、Alan H. Turner らが記載しています。

 亜成体で、体長は70センチほど。原始的なグループほど小型で、飛行に先駆けて既に小型化していたとされていました。

 今回の論文では、短くなった前肢(上腕骨は大たい骨の50%)、後方にかけて細くなっている肩甲骨などの、新たな拡張された標徴を示しています。

 

 図は、2007年の論文にある Paraves の系統図(Turner, A.H et al., 2007)。

 マハカラは赤い矢印で示しています。鳥類とは別系統ですが、基盤的なドロマエオサウルス類は、かなり小型です。

 獣脚類→小型化→鳥、という単純な1本道ではなくて、それぞれの系統で独立して小型化が試されたようです。

 

phy_paravian.jpg

 

References:

  1.  
  2. Alan H. Turner, Diego Pol, and Mark A. Norell (2011)
  3. Anatomy of Mahakala omnogovae (Theropoda: Dromaeosauridae), Tögrögiin Shiree, Mongolia.
  4. American Museum Novitates Number 3722:1-66. 2011
  5. doi: 10.1206/3722.2
  6.   
  7. Turner, A.H., D. Pol, J.A. Clarke,3, G.M. Erickson, M.A. Norell. 2007
  8. A Basal Dromaeosaurid and Size Evolution Preceding Avian Flight. 
  9. Science, 317(5843), p.1378-1381. 2007
----------  コメント(0)



 骨格化石と足跡化石は、別々の場所で発見されるのが普通です。今回、関節した骨格化石の下から発見された足跡化石が報告されています。

 関節した骨格化石に伴っての足跡化石の発見は、初めてとされています。

 1965年にポーランド-モンゴル遠征隊が発見したプロトケラトプスの骨格化石(ZPAL Mg D-II/3)をクリーニング中に、腰帯の化石の下面から、4本指のナチュラルキャストが見つかったもの。

 発見場所は、有名な炎の崖(Flaming Cliff)で、白亜紀後期のDjadokhta Formation です。

 ゴビ砂漠ではプロトケラトプスの骨格化石は珍しくもありませんが、ゴビ砂漠の白亜紀の地層からの足跡化石は初めてだそうです。

 

  1. References:
  2.  
  3. Grzegorz Niedźwiedzki et al., 2011
  4. A protoceratopsid skeleton with an associated track from the Upper Cretaceous of Mongolia
  5. Cretaceous Research Article in Press, Accepted Manuscript
  6. doi:10.1016/j.cretres.2011.07.001
----------  コメント(1)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)