イスラエルの最新ニュース

 イスラエルにある白亜紀後期(サントニアン)の地層(Menuha Formation)で発見されたエラスモサウリダエが報告されています。

 有孔虫などの微化石が豊富であり、当時はテチス海の南部沿岸にあり、その古環境の復元に役立つとされています。



  1. References:
  2.  
  3. R. Rabinovich, H. Hanan, M. Schudack, U. Schudack, S. Ashckenazi-Polivoda and G. Rogolsky (2014) 
  4. A late Cretaceous elasmosaurid of the Tethys Sea margins (southern Negev, Israel), and its palaeogeographic reconstruction. 
  5. Netherlands Journal of Geosciences (advance online publication) 
  6. DOI: http://dx.doi.org/10.1017/njg.2014.26
----------  コメント(0)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)