神通層群(白亜紀前期)、富山・岐阜の最新ニュース

 福井から石川、富山、岐阜にかけて分布する手取層群は、多くの恐竜化石などを産出することで有名です。

 そのうち、富山と岐阜県境に分布する、今まで手取層群とされてきた地域の一部に、手取層群とは堆積環境の異なる地層群が見出され、新たに神通層群(Jinzu group、新称)を提案する論文が報告されています。 

 富山・岐阜県境に分布する手取層群は、海成層に限るとされ、恐竜化石などを産出する陸成層は、神通層群とされています。

 例えば、新属新種の群れる恐竜足跡(1997年8月)で紹介した新種の足跡化石、Toyamasaurips masuiae が発見された地層は、手取層群ではなくて、神通層群猪谷層となります。

 
 また、神通層群は、手取層群とは異なる時代に形成された可能性が高いとされています。   

 手取層群を下位より真川層と有峰層、有峰層に対比される桐谷層に区分し、神通層群を庵谷峠層,猪谷層,白岩川層に区分しています。


 


  1. References:
  2.  
  3. 松川正樹・福井真木子・小河佑太力・田子 豪・小荒井千人・大平寛人・林 慶一(2014) 
  4. 手取層群の分布域頭部(富山・岐阜県境)の層序の再検討と神通層群(新称)の提案 
  5. 地質学雑誌,120巻,147-164頁 (pdf) 
----------  コメント(0)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)