篠山層群(Albian)、丹波の最新ニュース

 "タンバリュウ"などで有名な丹波市にある白亜紀前期(アルビアン、約1億1000万年前)の篠山層群で、多数の卵殻化石が発見され、そのうち1種が卵化石との新種として記載されています。

 最古の、鳥類の特徴を持つ卵殻化石/福井(2014年7月)で、鳥類の特徴を持つ新種の卵殻化石が記載されていますが、鳥類以外の恐竜の卵化石の新種記載は初めてです。

 ひとはくで紹介されています。クリーニング完了後、追加の論文を投稿予定だそうです。日本の新種恐竜にも追加しています。これで、8種目となりましたね。

 丸ごとの卵化石や巣が見つかったわけではありませんが、付近には営巣地があったのか、新種を含め5種類も見つかるとは、多様な恐竜たちが産卵していたのですね。

 新種は、恐竜の卵化石としては世界最小クラスとされ、新属新種の、Nipponoolithus ramosus (ニッポノウーリサス・ラモーサス)と命名されています。

 卵殻は、その表面の模様や断面構造などの特徴から、その種類や系統関係が調べられています。

 今回の学名の意味が、ギリシャ語で「枝分かれした日本の卵の石」を意味するように、その表面の模様に大きな特徴があったようです。

 獣脚類とされていますが、今後、世界各地で、似たような卵化石と、関連した胚や骨格化石が見つかれば、この卵を産んだ主がより明確になっていくことでしょう。


 新種以外の残りは、日本初となる獣脚類(Elongatoolithus 属、 Prismatoolithus 属、Prismatoolithidae の科レベル、属腫不明)と、鳥脚類(Spheroolithus 属、ハドロサウロイデア)とされています。

 Elongatoolithus については、獣脚類の胚化石/江西省(2014年9月)では、オヴィラプトロサウルスの卵ではないかとされています。  

 全ての卵殻は比較的薄く、獣脚類については、世界最小クラスの卵範囲 (28-135 g) に含まれるとされています。



  1. References:
  2.  
  3. Kohei Tanaka, Darla K. Zelenitsky, Haruo Saegusa, Tadahiro Ikeda, Christopher L. DeBuhr, François Therrien, 2015 
  4. Dinosaur eggshell assemblage from Japan reveals unknown diversity of small theropods 
  5. Cretaceous Research, Available online 29 June 2015 
  6. doi:10.1016/j.cretres.2015.06.002
----------  コメント(0)



 2006年8月に丹波市にある白亜紀前期(おそらくアルビアン初期)の地層(篠山層群下部層)で発見された竜脚類化石(通称"丹波竜")が、新種記載されています。ひとはくで紹介されています。

 尾にある血道弓が他の竜脚類に比べて長いなど、8つの特徴が示されています。系統的には、基盤的なティタノサウルス形類とされ、東アジアに特有のクレード、ユーヘロポディダエ(Euhelopodidae、ユーヘロプス科)ではないかとされています。

 首の長い竜脚類、エルケツ(Erketu)やユーヘロプス(Euhelopus)などと近縁な位置ですね。

 このあたり、かなり首の長い新種の竜脚類/河南省(2013年5月)で紹介していますが、タンバティタニスも首が長かったのでしょうか。ただ、頚椎は未発見です。

 学名は、Tambatitanis amicitiae (タンバティタニス・アミキティアエ)で、属名は、"丹波の巨人(女神)"の意味。種小名は、発見者二人の"友情"にちなんでいます。

 学名のついた恐竜としては、日本で5例目とされています。

 残り4種はいずれも手取層からで、記載年順に、Fukuiraptor kitadaniensis (フクイラプトル、2000)、Fukuisaurus tetoriensis (フクイサウルス、2003)、Albalophosaurus yamaguchiorum (アルバロフォサウルス、2009)、Fukuititan nipponensis (フクイティタン、2010)です。



  1. References:
  2.  
  3. Haruo Saegusa & Tadahiro Ikeda , 2014 
  4. A new titanosauriform sauropod (Dinosauria: Saurischia) from the Lower Cretaceous of Hyogo, Japan 
  5. Zootaxa 3848, (1): 1-66 (pdf) http://dx.doi.org/10.11646/zootaxa.3848.1.1
----------  コメント(0)



 丹波市で、「丹波竜」の下あご化石の一部が発見されたそうです。ひとはく読売が紹介しています。

 長さ約18センチ、幅約6センチで、歯槽が6つあり、成体とされています。

 29日から名古屋大で開催される日本生物学会で報告される他、7月7日から8月31日までひとはくで展示されます。
 
----------  コメント(0)



丹波竜の幼体の歯か/丹波

 丹波市にある篠山層群で、丹波竜の幼体(子供)のものとみられる歯の化石が発見されたそうです。第6次発掘調査の結果で、ひとはくが発表しています。時事も伝えています。  

 長さ1.5センチと、篠山層群で見つかった中では最も小さく、群れで生活していた可能性が示唆されています。

 また、"丹波竜の名前を学術的に早期に確定させる"、とあります。記載論文が待ちどおしいですね。
----------  コメント(0)



 兵庫県篠山市にある白亜紀前期の篠山層群下部層(約1億1000万年前)から、恐竜化石が発見されたそうです。ひと博朝日が伝えています。

 公園工事の残土から発見されたもので、公園内に化石密集層がある可能性が大きいとされています。 

 見つかった恐竜化石は、デイノニコサウルス類の後足や基盤的ネオケラトプス類の部分骨格です。デイノニコサウルス類は、今年の夏に発表された左前肢などの化石と同一個体ではないかとされています。

----------  コメント(0)



 兵庫県篠山市にある白亜紀前期(約1億1000万年前)の篠山層群下部層で、デイノニコサウリアの化石が発見されたと、ひと博が発表しています。

 昨年9月に採取した岩をクリーニングした結果見つかったそうで、ほぼ完全な左前肢と左膝関節周辺の後肢です。

 47News の写真よると、前肢は関節しており、結構保存状態がいいようです。

 明日から同博物館で一般公開されます。

----------  コメント(0)



 兵庫県立人と自然の博物館(ひとはく)のサイトで、ひとはく恐竜・化石プロジェクト 中間報告書が公開されています。

 恐竜化石の発見のいきさつから発掘調査、発見化石や普及活動など、わかりやすく紹介されています。

 恐竜化石などについては、発見された化石だけではなく、系統関係や報告した論文なども示されています。

 "丹波竜"の尾椎ですが、腰に近い部分(前位)の棘突起は独特で、カギ状に曲がっていますね。

----------  コメント(0)



 ひとはくによる丹波の恐竜化石第5次発掘調査についての結果報告によると、テリジノサウルス類の歯の化石や竜脚類の胴椎椎体などが発見されたそうです。東京新聞が伝えています。

 長さ3.5ミリ、高さ7ミリの下あごの歯で、白亜紀前期(約1億1千万年前)の地層からで、テリジノサウルス類としては国内最古とされています。

 

----------  コメント(0)



 丹波や鳥羽などで日本の6箇所で発見された竜脚類の歯の化石について、比較した論文が報告されています。

 単離した歯なので種類まではわかりませんが、白亜紀前期(Aptianより前)には、基盤的ティタノサウルス形類がいたのではないかとされています。ブラキオサウルス類(Brachiosauridae)が含まれている可能性も示唆しています。

 

 白亜紀前期の竜脚類の主な系統としては、新竜脚類(Neosauropoda)のうち、テイタノサウルス形類とディプロドクス類が考えられます。

 そのうち、ティタノサウルス形類とすれば、テイタノサウルスが分岐したのが、Aptian とされていますから、今回の歯の主としてはもっともなことでしょう。もうひとつの系統、ディプロドクス類の歯の可能性についても考察されています。 

 

 下は、今回分析された歯の化石の一部。

 Aは鳥羽(松尾層群)、BとCは小久(いわき、双葉層群)、DとEは丹波(篠山層群)で発見された歯の化石。その他に、論文から、瀬林(群馬、山中層群)、桑島と北谷(手取層群)のあわせて6箇所で発見された化石を分析しています。

 時代的には、鳥羽と瀬林、桑島に北谷が白亜紀前期(Aptianより前)で、丹波が Aptian から Cenomanian 、いわきが白亜紀後期(late Coniacian)です。

 "peg-like"とされていますが、丹波の歯はかなり長くて細いですね。 丹波では、竜脚類の歯は26本見つかっており、いずれもテイタノサウルス形類のものとされています。

 

saegusa_2011.jpg

 

 参考:アンゴラ初の恐竜化石、アンゴラティタンは残存種 (竜脚類の系統関係)

    歯だけの新種の危うさ

 

 

References:


  1. HARUO SAEGUSA and YUKIMITSU TOMIDA, 2011
  2. Titanosauriform teeth from the Cretaceous of Japan
  3. Anais da Academia Brasileira de Ciências (2011) 83(1): 247-265
----------  コメント(0)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)