ポーランドの最新ニュース

 最近では、何億年も前の化石から、血管などの軟組織が観察されたとする報告は珍しくありません。

 今回、ポーランドにある三畳紀初期/中期境界の地層で発見された海生爬虫類からの発見が報告されています。

 ノトサウリダエ(科)とタニストロフェイダエ(タニストロフェウス科)の骨化石からで、骨の皮質領域にある、酸化鉄により鉱物化した血管壁中に保存され、有機分子を包み込んでいるそうです。

 FTIRなどを使った分光分析から、ヒドロキシプロリンやヒドロキシリジンなどのアミノ酸の断片を含む有機化合物の存在が確認されています。

 これらのアミノ酸は、コラーゲン以外のタンパク質にはほとんど含まれないことから、内因性のコラーゲンの存在が示唆されています。

 「血管」内のタンパク質の分子の保存は、初期に酸化鉄がミネラル化した時に形成されたと考えられています。  

 ミネラルが軟組織の上に直接沈殿した時に、生体分子が効率的に、鉄が豊富なミネラルの中に保存され、それらの構造がしっかり覆われたというのです。  

 今回の発見は、海洋環境で、脊椎動物の中に複雑な有機分子が保存された最古の証拠とされています。

 


  1. References:
  2.  
  3. Dawid Surmik, Andrzej Boczarowski, Katarzyna Balin, Mateusz Dulski, Jacek Szade, Barbara Kremer & Roman Pawlicki (2016) 
  4. Spectroscopic Studies on Organic Matter from Triassic Reptile Bones, Upper Silesia, Poland. 
  5. PLoS ONE 11(3): e0151143 
  6. doi:10.1371/journal.pone.0151143
----------  コメント(0)



 ディキノドンは、その名の通り、大きな2本の牙がある基盤的な単弓類です。

 今回、ポーランドにある三畳紀後期の地層で発見された、ディプロドンのものらしきコプロライト(糞化石)が報告されています。

 内容物から、大型の植物食動物の糞化石とされ、当時の地層からはディキノドンしか見つかっていないことから、ディキノドンのコプロライトと考えられたもの。

 植物の柔らかい部分をかなり小さく処理していたことがわかり、また、木の断片も見つかっているそうです。

 なお、ディキノドン類か、最古の共同トイレ/三畳紀(2013年11月)で紹介しましたが、アルゼンチンでは、大型植物食動物の共同トイレの最初の証拠が報告されています。

 化石は、100個以上見つかっており、今回も共同トイレかもしれません。


  1. References:
  2.  
  3. Piotr Bajdek, Krzysztof Owocki & Grzegorz Niedźwiedzki (2014) 
  4. Putative dicynodont coprolites from the Upper Triassic of Poland. 
  5. Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology (advance online publication) 
  6. DOI: 10.1016/j.palaeo.2014.06.013
----------  コメント(0)



 恐竜が誕生した頃の三畳紀後期の化石ですが、北米西部や南米では、よく知られていますが、ヨーロッパではまれです。

 そのヨーロッパで最も多様な恐竜形類化石群集産地の一つが、ポーランドにある三畳紀後期(ノーリアン中期-後期)のポレンバ(Poręba)地域です。

 今回、恐竜形類のシレサウルス類やヘレラサウルス類、そして獣脚類(たぶん新獣脚類)からなる群集化石について、報告されています。

  ヘレラサウルス類はヨーロッパでは初めてで、世界で最も新しい時代からの発見とされています。また、シレサウルス類は、ヨーロッパでは最も最も新しい時代の発見とされています。

 今回の発見から、シレサウルス類は、ノーリアン中期から後期にかけて、恐竜のそばで生き残り、シレサウルス類、ヘレラサウルス類そして新獣脚類からなる群集は、以前考えられていたより、地理的にも緯度的にも広範囲に広がっていたとされています。


 また、これらの群集は、恐竜の初期進化においてありふれていた可能性があり、その広範囲な分布から、三畳紀後期、緯度的な偏りは少なかったと考えられています。


  1. References:
  2.  
  3. Grzegorz Niedźwiedzki, Stephen L. Brusatte, Tomasz Sulej, and Richard J. Butler (2014) Basal dinosauriform and theropod dinosaurs from the mid-late Norian (Late Triassic) of Poland: implications for Triassic dinosaur evolution and distribution. Palaeontology (advance online publication) DOI: 10.1111/pala.12107
----------  コメント(0)



 ポルトガルにあるジュラ紀後期の地層で発見された竜脚類、Lourinhasaurus alenquerensis (ローリンナサウルス)の系統的な位置について再評価されています。

 レクトタイプは、ポルトガルからの、そしてジュラ紀後期のヨーロッパからの、最も完全な竜脚類標本のひとつとされています。

 かつては、アパトサウルスやカマラサウルスとされたこともあったのですが、今回の解析で、マクロナリアのカマラサウルス形類( Camarasauromorpha)としています。

 なお、レクトタイプ(Lectotype)とは、ホロタイプが失われたりしてない場合、基準となる標本です。



  1. References:
  2.  
  3. Pedro Mocho Rafael Royo-Torres & Francisco Ortega (2014) 
  4. Phylogenetic reassessment of Lourinhasaurus alenquerensis, a basal Macronaria (Sauropoda) from the Upper Jurassic of Portugal. 
  5. Zoological Journal of the Linnean Society (advance online publication) 
  6. DOI: 10.1111/zoj.12113
----------  コメント(0)



 ポーランド中央部で、ジュラ紀後期の例外的に保存状態のよい化石鉱脈(Fossil-Lagerstätte)が発見され、報告されています。

 Owadów-Brzezinki 採石場で、層序的に、ドイツ南部にあるゾルンフォーフェンに近く、200万年ほどしか違わないとされています。 

 リトグラフに使われるような石灰岩から、多数のカブトガニや二枚貝、魚類、海生爬虫類、珍しいアンモナイトや甲殻類、陸生昆虫や魚竜の化石が発見されているそうです。

 

 
  1. References:
  2.  
  3. Kin, A., Błażejowski, B. and Binkowski, M. (2012) 
  4. The 'Polish Solnhofen': a long-awaited alternative? 
  5. Geology Today, 28: 91-94. 
  6. doi: 10.1111/j.1365-2451.2012.00833.x
----------  コメント(0)



恐竜の夜明け/Science News

 Dawn of the Dinosaurs (恐竜の夜明け)は、Science News 5/21 号の記事です。副題は、ジュラシックパークではなくて、三畳紀パークです。

 セレノらは、アルゼンチンで、恐竜の共通祖先に近い化石を発掘中とか。 ニワトリに似ていて、二足歩行、"ur-dinosaur" と呼ばれているそうです。"ur" の意味は不明です。

 

 また、ポーランドで発見された足跡化石も紹介されています。

 昨年10月に、恐竜形類の出現はより早かったで紹介したProrotodactylus と名づけられた2億5000万年前の恐竜形類の足跡化石です。

 恐竜のものとする意見もあると紹介されています。

----------  コメント(3)



四肢動物の最古の足跡化石

 ポーランドにあるデボン紀中期(約3億9500万年前)の地層で、四肢動物としては最古の連続歩行跡が発見されています。四肢動物の起源や当時の環境などの再検討になりそうです。  

 今週号のNature に報告され、表紙の写真になっています。BBCではビデオで説明しています。  

 足跡化石の大きさはさまざまで数も多く、また、保存状態がよく指の形も残っているそうです。  また、海洋干潟堆積物からの発見であり、四肢動物の上陸が川からではなく海だった可能性も指摘されています。  

 最古の四肢動物の体化石より1800万年古く、また、魚類から四肢動物への移行途中(移行型)とされるティクタアリク(Tiktaalik)などの最古のエルピストステゲ類(elpistostegid)より1000万年は古く、四肢動物としては最古の歩行跡とされています。  

 このことから、エルピストステゲ類はそもそも移行型ではなく、生き残りではないかと考えられ、四肢動物の起源として別の種がいた可能性が大きくなっています。

 


  1. References:
  2.  
  3. Tetrapod trackways from the early Middle Devonian period of Poland 
  4. (ポーランドで発見されたデボン紀中期初頭の四肢動物の連続歩行跡) 
  5. Grzegorz Niedzwiedzki et al. 
  6. Nature 463, p.43-48, 2010   

  7. Muddy tetrapod origins 
  8. (あいまいな四肢動物の起源) 
  9. Philippe Janvier & Gaël Clément 
  10. Nature 463, p.40-41, 2010
----------  コメント(0)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)