Wielichowo Beds ( latest Norian-early Rhaetian)の最新ニュース

 図は、ポーランド南部にある三畳紀後期(約2億500万年-2億年前)の地層で発見された Smok wawelski の骨格です。

 頭部の一部や骨盤など、白い部分の化石が発見されています。付近では、大きな3本足の足跡化石も見つかっているそうです。

 推定体長は5-6メートル、頭部は48-57cmとされています。ポストスクスなどより大きく、当時、最大級の巨大プレデター(捕食動物)です。

 

 直立歩行で、ブーツのように長く伸びた恥骨。最初は恐竜と思われていたそうですが、恐竜ではありません。

 三角形の 前眼窩窓(triangular antorbital fenestra)など、ポストスクスなどのクロコダイル系統の主竜類(crocodile-line archosaurs 、rauisuchians)が持つ特徴と、3つ以上の仙骨などの恐竜の特徴を持っており、基盤的な主竜類とされています。

  ただ、現時点では、より詳しい系統的な位置づけは難しいとされています。

 

 下の図のスケールは50センチ。属名の Smok はポーランド語で、竜(dragon)の意味です。

 

Smok_wawelski.jpg    

  1. References:
  2.  
  3. GRZEGORZ NIEDŹWIEDZKI, TOMASZ SULEJ, and JERZY DZIK, 2011
  4. A large predatory archosaur from the Late Triassic of Poland
  5. Acta Palaeontologica Polonica 5X (X): xxx-xxx.
  6. doi:10.4202/app.2010.0045
----------  コメント(0)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)