200 Lourinhã Formation( Late Jurassic)の最新ニュース

 Zby atlanticus とは短い属名ですね。ポルトガルにあるジュラ紀後期の地層(Lourinhã Formation)で発見され、新種記載された竜脚類てず。

 系統的には、新竜脚類ではない真竜脚類とされ、スペインで発見された Turiasaurus riodevensis に近縁とされています。

 これまでポルトガルで発見されているジュラ紀後期の竜脚類(成体)は、すべて非常に大きな個体です。

 小型から中型の竜脚類がいない理由として、首の長いステゴサウルスの Miragaia longicollumなど、竜脚類以外の恐竜が、低い位置の植物を食べるというニッチを占有していたためかもしれないとされています。




  1. References:
  2.  
  3. Octávio Mateus, Philip D. Mannion & Paul Upchurch (2014) 
  4. Zby atlanticus, a new turiasaurian sauropod (Dinosauria, Eusauropoda) from the Late Jurassic of Portugal. 
  5. Journal of Vertebrate Paleontology 34(3): 618-634 
  6. DOI:10.1080/02724634.2013.822875
----------  コメント(0)



 日本で恐竜の歯が見つかっても、鋸歯(ギザギザ)があるので獣脚類だ・・・なんて、子供でも分かりそうな話で終わったりします。

 しかし、獣脚類の歯は特徴的で、遊離した1本の歯の化石だけからもそれなりの系統解析ができるようです。もちろん、関連する骨格化石などの背景データが必要でしょう。

 今回紹介する論文では、141もの歯列ベースの形質(特徴)について解析されています。 

 中には、アベリサウリダエ(Abelisauridae、科)の歯も含まれ、ローラシア大陸におけるジュラ紀の最初の化石記録で、世界最古の記録とされています。

 このことから、ヨーロッパで、アベリサウリダエは白亜紀前期以前に十分放散していた可能性が示唆されています。


 ポルトガルにあるジュラ紀後期(Kimmeridgian-Tithonian)の地層(Lourinhã Formation)で発見された、4本の獣脚類の遊離歯です。  

 ローリンハ最大の歯は、Torvosaurus tanneri のものとされ、最小の歯は、Richardoestesia のものとされています。



  1. References:
  2.  
  3. Christophe Hendrickx & Octávio Mateus (2014) 
  4. Abelisauridae (Dinosauria: Theropoda) from the Late Jurassic of Portugal and dentition-based phylogeny as a contribution for the identification of isolated theropod teeth. 
  5. Zootaxa 3759 (1): 001-074 (Monograph) (pdf)
----------  コメント(0)



 ポルトガル中西部にあるロウリニャン(Lourinhã)といえば、ジュラ紀の獣脚類、ロウリンハサウルスや、竜脚類のロウリンサウルスが見つかっているところです。

 また6月には、「基盤的獣脚類初の卵殻と胚/トルボサウルス」として、ロウリニャン層で発見されたトルボサウルス(Torvosaurus)のものとされる卵殻と胚について紹介しています。

 今回、同じ地層で新たに発見された2つの獣脚類の卵化石サイトが報告されています。ただ、卵殻のみで、今のところ、胚は見つかっていないようです。

 
 ロウリニャン近くの、Casal da Rola 地区と Porto das Barcas 地区です。最初の地区からの卵殻は、暫定的にロウリンハノサウルスのものとされています。  

 一方、後者の卵殻の形態は多孔質で、この構造は先に紹介したトルボサウルスの卵殻にも見られるそうです。



  1. References:
  2.  
  3. Vasco Ribeiro, Octávio Mateus, Femke Holwerda, Ricardo Araújo & Rui Castanhinha (2013) 
  4. Two new theropod egg sites from the Late Jurassic Lourinhã Formation, Portugal. 
  5. Historical Biology (advance online publication) 
  6. DOI:10.1080/08912963.2013.807254
----------  コメント(0)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)