Prince Creek Formation(Maastrichtian)、アラスカの最新ニュース

 真冬には一日中太陽が昇らず、逆に、真夏には太陽が沈まない北極圏からでも、恐竜化石の発見は珍しくはありません。

 アラスカ北部、最も高緯度の恐竜化石産地/アラスカ(2015年1月)で紹介しているプリンス・クリーク層(Prince Creek Formation)からは、これまでに、13種類以上の恐竜化石が見つかっており、そのうち、後に示すように、3つのタクソンが新種として記載されています。 

 マーストリヒチアン(約6900万年前)の地層で、極地方としては世界で最も多数の化石を産出する場所です。

 そこでは、エドモントサウルス属(Edmontosaurus sp.)の幼体が多数見つかっており、渡りをしなかったエドモントサウルス(2013年9月)で紹介しているように、極寒の冬でも渡りをしなかったようです。

 今回、そのプリンス・クリーク層で発見されたハドロサウリダエ(科)のエドモントサウリニ (亜科)の新種が記載されています。YouTube で発掘の様子ななどが紹介されています。

 4種目となる恐竜の学名は、Ugrunaaluk kuukpikensis で、発音は、"oo-GREW-nah-luk"で、日本語では、ウーグルナールク・クークピケンシスとします。

 体長は9メートルほど、近縁とされるエドモントサウルスとは異なり、眼窩後部ポケットを欠く比較的狭い後眼窩骨の頬骨突起を持つといった特徴があります。

 アラスカという極寒の環境で暮らしていたからでしょうか、同じララミディアでも、地域性があったようです。


 アラスカからの新種は、2006年に記載されたパキケファロサウリダエの Alaskacephale gangloffi(アラスカケファレ・ガングロフィ)と、セントロサウリネ(centrosaurine)の Pachyrhinosaurus perotorum (パキリノサウルス・ペロトラム、2012)、ティラノサウリネの anuqsaurus hoglundi (ナヌクサウルス・ホグルンディ、2014)です。  

 今回の新種の属名は、アラスカの原住民のイヌピアック(Iñupiaq)語で、"ancient grazer(太古のグレイザー)"の意味。同じ植物食でも、グレイザー(粗食選択)はブラウザー(良質選択)と異なり、食べられるものを無差別に刈り取って食べるタイプです。  

 骨格的に未成熟な標本からの記載ですが、他のハドロサウリダエの成長パターンを考慮して、解析されています。  

 系統解析からは、既に報告されているエドモントサウルス属の、 Edmontosaurus annectens (エドモントサウルス・アネクテンス)と E. regalis (エドモントサウルス・レガリス)からなるクレードの姉妹群とされています。    

 ウーグルナールクは、他のエドモントサウルスに見られる幼体の特徴は示さないとされています。 しかし、詳しくは、 E. annectensE. regalis の幼体など、さらなる標本の発見が必要とされています。



  1. References:
  2.  
  3. Hirotsugu Mori, Patrick S. Druckenmiller, and Gregory M. Erickson (2015) 
  4. A new Arctic hadrosaurid from the Prince Creek Formation (lower Maastrichtian) of northern Alaska 
  5. Acta Palaeontologica Polonica (in press) 
  6. doi:http://dx.doi.org/10.4202/app.00152.2015
----------  コメント(0)



 アラスカの北極圏にある白亜紀の海岸平野は、地球上で最も高緯度の恐竜化石が豊富に見つかる場所です。ノーススロープのプリンス・クリーク層(Prince Creek Formation)からは、3つのボーンベッドが見つかっています。

 最古のボーンベッド下にある凝灰岩についての40Ar / 39Ar年代分析は、6920±50 万年前を示すとされています。

 見つかる化石は、圧倒的に、部分的に関節した後期段階のエドモントサウルス属(Edmontosaurus sp.)の幼体が多いとされています。



  1. References:
  2.  
  3. Peter P. Flaig, Anthony R. Fiorillo, and Paul J. Mccarthy? (2014) 
  4. Dinosaur-bearing hyperconcentrated flows of Cretaceous Arctic Alaska: recurring catastrophic event beds on a distal paleopolar coastal plain. 
  5. PALAIOS 29(11): 594-611 
  6. doi: http://dx.doi.org/10.2110/palo.2013.133
----------  コメント(0)



 白亜紀当時、比較的温暖だったとはいえ、冬は白夜の極地方、そこに棲んでたティラノサウリネ(tyrannosaurine、ティラノサウルス亜科)は、比較的小型だったようですね。

 今回、アラスカにある白亜紀後期(マーストリヒチアン、7000-6900万年前)の地層(Prince Creek Formation)で発見されたティラノサウリネが記載されています。論文はオープンアクセスです。

 Nature News では、トロオドンは極地方で逆に大型化したのに・・・と紹介しています。

 学名は、Nanuqsaurus hoglundi (ナヌクサウルス・ホグルンディ)で、属名の"Nanoq"は、先住民の言葉から、"ホッキョクグマ(polar bear )"の意味です。  

 部分的な化石しか見つかっていないこともあり、2つの系統解析結果が示されています。

 いずれも派生的なティラノサウリネで、そのひとつでは、タルボサウルス+ティラノサウルスからなるクレードの姉妹群とされています。

 図は、系統関係に時間軸を当てはめたもの(Anthony R. Fiorillo & Ronald S. Tykoski ,2014)。 赤字が、ナヌクサウルスです。

 ティラノサウロイデアは、小型種の Xiongguanlong baimoensis (シオングアンロン)がアルビアン末(1億年前)で途絶えたのち、カンパニアン後期(8200万以降)になると、派生的なグループとなり、一気に多様性が増していますね。


  
Tyranno.jpg

 エドモントサウルスは1年中極地方にいた(2012年2月)で紹介していますが、渡りをせずとも、エサとなる恐竜はいたようですが、冬は闇という厳しい環境だったためか、頭部の長さは、60ー70センチ、推定全長は約7メートルと比較的小型です。




  1. References:
  2.  
  3. Anthony R. Fiorillo & Ronald S. Tykoski (2014) 
  4. A Diminutive New Tyrannosaur from the Top of the World. 
  5. PLoS ONE 9(3): e91287. 
  6. doi:10.1371/journal.pone.0091287
----------  コメント(0)



 獣脚類や鳥脚類の成長速度に関する報告はありますが、角竜についてはほとんど報告されていませんでした。

 今回、北極圏で発見されたパキリノサウルスの骨化石の組織科学的分析から、その成長などについて考察した論文が報告されています。

 Discovery News が紹介しています。

 

 アラスカ北部にあるノーススロープの白亜紀後期(early Maastrichian )の地層(Prince Creek Formation)で発見された大たい骨の成長線を解析したもの。

 高緯度で発見される化石のほうが、成長線がはっきりしているそうです。成長の速い時期と遅い時期の違いがはっきりしていたのでしょうか。

 8月にアラスカからパキリノサウルス属の新種 で紹介した同じ地層からの発見です。ただし、今回の化石は、Pachyrhinosaurus sp. で、種は未定です。

 

 9歳で性的に成熟し、死んだのは19年だったとされています。1例だけのようですが、寿命はともかく、極地方では幼体の成長は早かったとされています。

 またそこでは、カメやクロコダイルなど普通発見される化石は見つかっていないそうです。厳しい環境の極地方まで移動するのが困難だったのでしょうか。

 

 

  1. References:
  2.  
  3. Gregory M. Ericksona & Patrick S. Druckenmillerb, 2011
  4. Longevity and growth rate estimates for a polar dinosaur: a Pachyrhinosaurus (Dinosauria: Neoceratopsia) specimen from the North Slope of Alaska showing a complete developmental record
  5. Historical Biology, 23(4), p. 327-334, 2011
  6. DOI:10.1080/08912963.2010.546856
----------  コメント(0)



 アラスカの北極圏にある白亜紀後期の地層で発見されたパキリノサウルス属の新種が記載されています。

 アラスカでは、以前からパキリノサウルスの化石発見の報告が多いのですが、最も緯度の高い位置からの角竜類の発見です。

 セントロサウルス類(centrosaurine)で、Pachyrhinosaurus perotorum と命名されています。

 

 図は系統関係に年代を当てはめたもの。

  Pachyrostra という新しいクレードが提唱されています。また、Pachyrhinosaurini は、クレードの定義を修正しています。

 Pachyrhinosaurus perotorum は図の一番上にあり、3種のPachyrhinosaurus の中で、6900万-7000万年前と、最も若い種とされています。

 図を見ると、角竜が見つかっていなかったプロトケラトプスとトリケラトプスの間を埋めるような角竜ですね。

 

 Pachyrhinosaurus_2.jpg

 

 次の図は、3種のパキリノサウルスの比較。

 スケールは異なります。P. perotorum のグレイの部分は未発見です。

 パキリノサウルスには角が無く、鼻先に分厚いコブ状の突起(nasal boss)があるのが特徴です。3種はよく似ていますが、フリルの形状などが異なっています。

 P. perotorum には、フリルの穴の内部に向かって小さなツノがあります。とすると、この穴が、なんらかの膜で閉じられていた可能性は低いですね。

 

 A:P. perotorum    B :P. canadensis    C :P. lakustai

 

Pachyrhinosaurus.jpg 

 

 

References:

  1.  
  2. Anthony R. Fiorillo and Ronald S. Tykoski, 2011
  3. A new species of the centrosaurine ceratopsid Pachyrhinosaurus from the North Slope (Prince Creek Formation: Maastrichtian) of Alaska
  4. Acta Palaeontologica Polonica in press available online 26 Aug 2011
  5. doi:10.4202/app.2011.0033
----------  コメント(0)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)