コロンビアの最新ニュース

 白亜紀の魚竜は、当時の温帯地域では比較的多様でしたが、熱帯からは、ほとんど記載されていないそうです。

 今回、コロンビアにある白亜紀前期(Barremian-Aptian)の地層(Paja Formation)で発見された新種の魚竜が記載されています。

 BBCでは、外鼻孔の開口部が2つに分かれていると紹介しています。

 その変わった外鼻孔開口部の配置や細い 吻部、狭い眼窩後部領域やうすい歯列が、他のすべての魚竜と異なっているとされています。

 オフタルモサウリダエ(Ophthalmosauridae、科)で、 Muiscasaurus catheti と命名されています。

 部分的な頭蓋骨しか見つかっていないのですが、幼体で、推定体長は3メートル、成体は5メートルほどとされています。

  同層からは2例めの魚竜で、この時期、適度な多様性があったとされています。



  1. References:
  2.  
  3. Erin E. Maxwell, Daniel Dick, Santiago Padilla and Mary Luz Parra (2015) 
  4. A new ophthalmosaurid ichthyosaur from the Early Cretaceous of Colombia. 
  5. PAPERS IN PALAEONTOLOGY (advance online publication) 
  6. DOI: 10.1002/spp2.1030
----------  コメント(0)



 ティタノサウルス型類(Titanosauriformes、形類とも表現されます)のブラキオサウリダエ(Brachiosauridae、ブラキオサウルス科)の竜脚類は、ジュラ紀後期に、世界中に幅広く分布していました。

 このことから、この仲間の起源は、パンゲアが分裂する前の、ジュラ紀中期ではないかとされています。

 一方、幅広く分布していたジュラ紀後期とは対照的に、白亜紀のブラキオサウリダエとなると、北米の、アプチアンからアルビアンの時代に限定されています。

 それは、種による絶滅速度の違い(differential extinction)のシグナル及び/又は白亜紀前期の化石記録におけるバイアスではないかとされています。

 今回、コロンビアにある白亜紀前期(バレミアン)の地層(Paja Formation)で発見されたブラキオサウリダエが記載されています。

 海洋堆積物からの発見で、Padillasaurus leivaensis (パディラサウルス・レイバエンシス)と命名されています。 

 今回の発見から、ブラキオサウリダエは、少なくとも白亜紀前期まで、ゴンドワナ大陸の中低緯度の地域で生き残っていたとされています。


 


  1. References:
  2.  
  3. José L. Carballido, Diego Pol, Mary L. Parra Ruge, Santiago Padilla Bernal, María E. Páramo-Fonseca & Fernando Etayo-Serna (2015) 
  4. A new Early Cretaceous brachiosaurid (Dinosauria, Neosauropoda) from northwestern Gondwana (Villa de Leiva, Colombia). 
  5. Journal of Vertebrate Paleontology (advance online publication) 
  6. DOI:10.1080/02724634.2015.980505
----------  コメント(0)



 コロンビアにある白亜紀後期の地層で発見された新種のモササウルス(Mosasauridae)の化石が記載されています。

 Eonatator 属の新種とされ、 E. coellensis と命名されています。ほとんど完全な関節した骨格で、軟組織も残されているそうです。今までで最も完全な、ハリサウリネ(halisaurine )の系統の化石とされています。

 "卵胎生"の新たな証拠を示すとされています。オープンアクセスなんですが、スペイン語で、詳細は不明です。

 胎児を持つクビナガリュウ(2011年8月)で紹介していますが、いわゆる"卵胎生"と真胎生の区別は難しいとの話もあります。




  1. References:
  2.  
  3. María E. Páramo-Fonseca (2013) 
  4. Eonatator coellensis nov. sp. (Squamata: Mosasauridae), a new species from the Upper Cretaceous of Colombia. 
  5. Revista de la Academia Colombiana de Ciencias Exactas, Físicas y Naturales 37(145): 499-518 (pdf)
----------  コメント(0)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)