Quebrada del Barro Formation(Late Triassic-early Jurassic )の最新ニュース

 アルゼンチンで発見された基盤的竜脚形類が記載されています。北西部にある三畳紀後期-ジュラ紀前期の地層からの発見です。

 学名は、Leyesaurus marayensis で、属名は化石を発見した家族(Leyes family)にちなんでいます。

 系統的には、基盤的竜脚形類、プラテオサウリア(Plateosauria)、 マッソスポンディリダエ(Massospondylidae)に位置づけられ、Adeopapposaurus の姉妹群とされています。

 マッソスポンディリダエは、かつて"古竜脚類"とされていましたが、"古竜脚類"は、2007年あたりから消滅しています。

 マッソスポンディリダエは6種となり、以前考えられていたよりも、かなり多様化していたとされています。

 

 図は発見されている化石と復元イラスト。頭部や頚椎などが発見されています。

 小型で推定体長は2.5メートルほど。4足歩行で復元されています。

 

 

Leyesaurus_marayensis.jpg 次は、短くて高さが低い頭部です。つぶされたのかもしれませんが、高さは長さの40%ほどです。

  眼窩は大きく全長の30%以上もあるのですが、これは背腹方向(dorsoventral)の変形の影響も指摘されています。

Leyesaurus_marayensis_skull.jpg

 

 

  References:

  1.  
  2. Apaldetti, C,, Martinez, R,N,, Alcober, O,A,, & Po,l D, 2011
  3. A New Basal Sauropodomorph (Dinosauria: Saurischia) from Quebrada del Barro Formation (Marayes-El Carrizal Basin), Northwestern Argentina.
  4. PLoS ONE 6(11): e26964.
  5. doi:10.1371/journal.pone.0026964
----------  コメント(0)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)