Timezgadiouine Formation(?Carnian-Norian)の最新ニュース

 三畳紀後期の恐竜以外のニュースが続きますが、今度は、恐竜型類(dinosauriform)です。

 モロッコにある三畳紀後期の地層で発見された新種のシレサウルス類(Silesauridae)で、Diodorus scytobrachion と命名されています。

 関節していない状態で発見され、歯の形状が他のシレサウルス類と異なります。

 

 系統的には、図に示すように、恐竜(Dinosauria)と姉妹群のシレサウルス類(灰色の部分)とされています。

 その中では最も派生的で、ブラジル産のSacisaurus agudoensis の姉妹群の位置づけです。

 

 

 

  1. Diodorus scytobrachion.jpgReferences:
  2.  
  3. Kammerer, C.F., Nesbitt, S. J., Shubin, N.H. 201X.
  4. The first basal dinosauriform (Silesauridae) from the Late Triassic of Morocco.
  5. Acta Palaeontologica Polonica 5X (X): xxx-xxx.
  6. doi: 10.4202/app.2011.0015
----------  コメント(0)



 モロッコにある三畳紀後期の地層で発見された基盤的恐竜型類(dinosauriform)が新種記載されています。

 恐竜型類とはいっても、恐竜とは別系統のシレサウルス類(Silesauridae)で、 Diodorus scytobrachion と命名されています。

 タイプ標本は、部分的な右歯骨です。他のシレサウルス類と異なり、前方が小さい歯(anteriorly-canted teeth)を持っているそうです。

 

 下の図は分岐図。Diodorus は一番左端です。

 系統的には、ブラジルで発見された Sacisaurus agudoensis の姉妹群とされています。

 

Diodorus.jpg 

 

  1. References:
  2.  
  3. Christian F. Kammerer, Sterling J. Nesbitt, and Neil H. Shubin , 2011
  4. The first basal dinosauriform (Silesauridae) from the Late Triassic of Morocco
  5. Acta Palaeontologica Polonica in press available online 11 Jul 2011 doi:10.4202/app.2011.0015
----------  コメント(0)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)