マダガスカルの最新ニュース

ティタノサウリアは早熟性

 幼い竜脚類の化石は珍しいのですが、今回、Rapetosaurus krausei(ラペトサウルス・クラウセイ)のベビーの新しい標本から、ティタノサウリアの成長戦略について報告されています。

 マダガスカルにある白亜紀後期の地層(Maevarano Formation )で発見されたもの。

 生まれた時は、3-4kgの体重だったとされています。そして、わすが、数週間後に、40kgに達し、腰の高さは35cm になったとされています。

 意外にも、四肢の骨格は、等長性のアイソメトリックな成長とされています。その可動範囲は成体よリ広く、生まれてすぐ、活発に動きまわったようです。

 ナショジオでは、あまり親の世話にはならず、孵化後は自力で生きていたと紹介しています。

 皮質のリモデリング、四肢のアイソメトリー、そして薄く石灰化し肥大した骨幹端軟骨は、活発で早熟性の成長戦略を示しています。 

 巨大な成体になる以前の小さいうちから、重い体を支える準備がしっかりできていたのですね。


 


  1. References:
  2.  
  3. Kristina Curry Rogers, Megan Whitney, Michael D'Emic & Brian Bagley (2016) 
  4. Tiny giant suggests that largest dinosaurs were precocial at birth. 
  5. Science 352(6284): 450-453 
  6. DOI: 10.1126/science.aaf1509
----------  コメント(0)



 白亜紀後期のマダガスカルには、2種類のティタノサウルス類がいたとされています。

 最も多く見つかっているのが、Rapetosaurus krausei (ラペトサウルス)で、それ以外に見つかっているまれな標本は、 マダガスカルのタクソンB (Malagasy Taxon B)と呼ばれていました。

 今回、その標本について新種記載され、Vahiny depereti と命名されています。

 白亜紀後期の地層(Maevarano Formation)で発見されたもので、ラペトサウルスとは近縁ではなく、インドで発見されているJainosaurusに最も近縁とされています。



  1. References:
  2.  
  3. Kristina Curry Rogers & Jeffrey A. Wilson (2014) 
  4. Vahiny depereti, gen. et sp. nov., a new titanosaur (Dinosauria, Sauropoda) from the Upper Cretaceous Maevarano Formation, Madagascar. 
  5. Journal of Vertebrate Paleontology 34(3): 606-617 
  6. DOI:10.1080/02724634.2013.822874
----------  コメント(0)



 ノアサウルス類(Noasauridae)は、他の獣脚類と異なり、比較的小さなボディを進化させたケラトサウルス類です。

 その特徴を調べるため、最も保存状態が良くて完全なノドサウルス類であるMasiakasaurus knopfleri (マシアカサウルス)について、骨組織学的に解析した論文が報告されています。

 当時の半乾燥といった環境に耐えるため、成長速度を遅くしたようで、大型犬ほどのサイズになるのに、8-10年もかかったとされています。

 
 4つの大腿骨と3つの脛骨を調べたもの。 その結果、マシアカサウルスは、小型のボディサイズで成熟し、大型種の幼体ではないということがわかったとされています。  

 また、同サイズの非鳥類型恐竜より40%程度成長が遅く、定量解析から、大型犬ほどののサイズになるのに、8-10年はかかったとされています。    

 これは、半乾燥で季節的なストレスの多い環境で、体を維持するコストを最小化させるため、遅い成長速度だったと考えられています。


  1. References:
  2.  
  3. Andrew H. Lee & Patrick M. O'Connor (2013) 
  4. Bone histology confirms determinate growth and small body size in the noasaurid theropod Masiakasaurus knopfleri
  5. Journal of Vertebrate Paleontology 33(4): 865-876 
  6. DOI:10.1080/02724634.2013.743898
----------  コメント(0)



 マダガスカル最北部にある白亜紀後期(約9000万年前)の地層で発見された新種のアベリサウルス類が記載されています。 論文は、全文が読めます。また、phys.org が紹介しています。

 学名は、Dahalokely tokana です。属名は、マダガスカルの言葉で、"小さな無法者"という意味で、他の多くのアベリサウルス類に比較して、全長は大きくても4メートルあまりと、小型だからのようです。

 マダガスカルのアベリサウルス類といえば、マジュンガサウルスが有名ですが、これは白亜紀後期(約7000万年前)です。

 実は、マダガスカルでは、1億6500万年から7000万年前までの間の恐竜化石は見つかっておらず、今回の化石は、このギャップを埋める化石です。


 また、インドとマダガスカルは、1億年前までには完全に分離していたとされています。今回の発見は、インドとマダガスカルが別々に存在した時代としては、初めての恐竜化石とされています。  

 ゴンドワナ大陸から渡った恐竜の独自進化の様子が伺えそうですが、見つかっているのは、脊椎や肋骨など部分的な化石で、さらなる発見が必要とされています。  

 
 


  1. References:
  2.  
  3. Andrew A. Farke & Joseph J. W. Sertich (2013) 
  4. An abelisauroid theropod dinosaur from the Turonian of Madagascar. 
  5. PLOS ONE 8(4). 
  6. doi:10.1371/journal.pone.0062047
----------  コメント(0)



 マダガスカルにあるジュラ紀中期の恐竜の連続歩行跡について報告されています。

 少なくとも4kmも続き、まれに竜脚類の足跡があるそうですが、獣脚類がほとんどとされています。

 その獣脚類は、たった1種の Kayentapus isp.とされ、ゴンドワナやジュラ紀中期からは初めての発見とされています。

 

  1. References:
  2.  
  3. ALEXANDER WAGENSOMMER et al., 2011
  4. New dinosaur tracksites from the Middle Jurassic of Madagascar: ichnotaxonomical, behavioural and palaeoenvironmental implications
  5. Palaeontology Article first published online: 1 DEC 2011
  6. DOI: 10.1111/j.1475-4983.2011.01121.x
----------  コメント(0)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)