Maevarano Formation(Upper Cretaceous) の最新ニュース

ティタノサウリアは早熟性

 幼い竜脚類の化石は珍しいのですが、今回、Rapetosaurus krausei(ラペトサウルス・クラウセイ)のベビーの新しい標本から、ティタノサウリアの成長戦略について報告されています。

 マダガスカルにある白亜紀後期の地層(Maevarano Formation )で発見されたもの。

 生まれた時は、3-4kgの体重だったとされています。そして、わすが、数週間後に、40kgに達し、腰の高さは35cm になったとされています。

 意外にも、四肢の骨格は、等長性のアイソメトリックな成長とされています。その可動範囲は成体よリ広く、生まれてすぐ、活発に動きまわったようです。

 ナショジオでは、あまり親の世話にはならず、孵化後は自力で生きていたと紹介しています。

 皮質のリモデリング、四肢のアイソメトリー、そして薄く石灰化し肥大した骨幹端軟骨は、活発で早熟性の成長戦略を示しています。 

 巨大な成体になる以前の小さいうちから、重い体を支える準備がしっかりできていたのですね。


 


  1. References:
  2.  
  3. Kristina Curry Rogers, Megan Whitney, Michael D'Emic & Brian Bagley (2016) 
  4. Tiny giant suggests that largest dinosaurs were precocial at birth. 
  5. Science 352(6284): 450-453 
  6. DOI: 10.1126/science.aaf1509
----------  コメント(0)



 白亜紀後期のマダガスカルには、2種類のティタノサウルス類がいたとされています。

 最も多く見つかっているのが、Rapetosaurus krausei (ラペトサウルス)で、それ以外に見つかっているまれな標本は、 マダガスカルのタクソンB (Malagasy Taxon B)と呼ばれていました。

 今回、その標本について新種記載され、Vahiny depereti と命名されています。

 白亜紀後期の地層(Maevarano Formation)で発見されたもので、ラペトサウルスとは近縁ではなく、インドで発見されているJainosaurusに最も近縁とされています。



  1. References:
  2.  
  3. Kristina Curry Rogers & Jeffrey A. Wilson (2014) 
  4. Vahiny depereti, gen. et sp. nov., a new titanosaur (Dinosauria, Sauropoda) from the Upper Cretaceous Maevarano Formation, Madagascar. 
  5. Journal of Vertebrate Paleontology 34(3): 606-617 
  6. DOI:10.1080/02724634.2013.822874
----------  コメント(0)



 マダガスカルにある白亜紀後期の地層で発見された最大のオステオダーム(osteoderms、皮骨板)と、その機能について報告されています。

 ティタノサウルス類、Rapetosaurus krausei(ラペトサウルス)のオステオダームです。Macalester College が紹介しています。

 背中を保護したというより、ミネラルの貯蔵として機能し、劣悪な環境からのサバイバルに役立てたのではないかと考えられています。

 

 オステオダームは皮膚内にある骨のことです。現生動物では、クロコダイルやアルマジロなどの背中に見られます。

 恐竜ではヨロイ竜やステゴサウルス類などにみられ、竜脚類ではまれで、見つかっているのはティタノサウルス類のみだそうです。

 竜脚類では、背中を保護したように思われますが、その機能は謎でした。今回の論文では、ミネラルを蓄えていたのではないかとされています。

 

 Rapetosaurus krausei の成体と幼体から発見されたオステオダームを、CTスキャンなどで解析したもの。

 成体のものと思われる推定容積が9.3リットルもある最大のオステオダームも発見されています。

 これは半分ほどが空洞で、骨改造(bone remodelling)で形成され、カルシウムやリン等のミネラルを蓄えていたのではないかとされています。

 一方、幼体の内部は緻密で、骨改造の跡もほとんどなく、このことから、ミネラルの貯蔵は成体ほど重要とされています。

 つまり、成長のためというより、成体になってからの干ばつという厳しい古環境や出産に備えたものではないかと考えられています。

 

  1. References:
  2.  
  3. Kristina Curry Rogers et al., 2011
  4. Sauropod dinosaur osteoderms from the Late Cretaceous of Madagascar
  5. Nature Communications, 2(564), Published 29 November 2011 
  6. PDF(全文)
  7. doi:10.1038/ncomms1578
----------  コメント(0)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)