Snow Hill Island formations (Campanian to upper Maastrichtian)の最新ニュース

 南極大陸の恐竜化石産地としては、ジェイムズ・ロス島の恐竜化石/南極(2013年9月)でレビューを紹介している ジェイムズ・ロス島が有名です。白亜紀後期の海洋堆積層です。

 今回、白亜紀後期(マーストリヒチアン、約7000万年前)の地層(Snow Hill Island Formation の López de Bertodano Formation)で発見されたイグアノドンティアが記載されています。

 学名は、Morrosaurus antarcticus(モロサウルス・アンタルクチクス)で、属名は、化石発見地(El Morro)にちなんでいます。

  系統的には、南半球だけの鳥脚類からなる単系統のクレードとされ、白亜紀後期、パタゴニアや南極、オーストラリアは、同じ陸上動物相だったと考えられています。

 この系統には、新種の鳥脚類トリニサウラ/南極(2013年1月)で紹介しているTrinisaura(トリニサウラ)や、アルゼンチン産のGasparinisauraAnabisetiaNotohypsilophodonTalenkauenMacrogryphosaurusを含みます。

 このグループの仲間のいくつかは、中足骨IVが狭くて、細くて骨が収束した足を持つなどの特徴から、特殊化した走行モードに適応していたとされています。





  1. References:
  2.  
  3. Sebastián Rozadilla, Federico L. Agnolin, Fernando E. Novas, Alexis M. Aranciaga Rolando, Matías J. Motta, Juan M. Lirio & Marcelo P. Isasi (2016) [2015] 
  4. A new ornithopod (Dinosauria, Ornithischia) from the Upper Cretaceous of Antarctica and its palaeobiogeographical implications. 
  5. Cretaceous Research 57: 311-324 
  6. doi:10.1016/j.cretres.2015.09.009
----------  コメント(0)



 南極、ジェイムズ・ロス諸島のベガ島にある白亜紀後期(マーストリヒチアン前期)の地層(Snow Hill Island Formation)で発見された新種のエラスモサウリダエが記載され、Vegasaurus molyi と命名されています。

 南極からは唯一のエラスモサウリダエとされていますが、南極大陸のエラスモサウルス類(2014年1月)で、3標本を紹介しています。ただし、こちらは、未記載です。

 また、南半球からは、頭部より後ろの解剖学的特徴が良く知られた白亜紀後期のエラスモサウリダエは数少なく、その1つとされています。

 予備的な系統解析から、白亜紀後期のウェデリアン(Weddellian)生物地理区のアリストネクチネ(aristonectine)、アリストネクテス(Aristonectes)、カイフェケア(Kaiwhekea)を含むクレード内としています。 

  アリストネクチナエ(Aristonectinae)と、アリストネクチナエではない白亜紀後期のウェデリアンのエラスモサウリダエが近縁なことから、アリストネクチナエはウェデリアン起源とされています。

 


  1. References:
  2.  
  3. José P. O'Gorman, Leonardo Salgado, Eduardo B. Olivero & Sergio A. Marenssi (2015) 
  4. Vegasaurus molyi, gen. et sp. nov. (Plesiosauria, Elasmosauridae), from the Cape Lamb Member (lower Maastrichtian) of the Snow Hill Island Formation, Vega Island, Antarctica, and remarks on Wedellian Elasmosauridae. 
  5. Journal of Vertebrate Paleontology (advance online publication) 
  6. DOI:10.1080/02724634.2014.931285
----------  コメント(0)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)