イベント・ツアーの最新ニュース

 Discoverificで、11月上旬にベルリンで開催されたSVP年会のトピックスを紹介しています。

 今年のテーマは、羽毛だったようで、開催地がベルリンだけに、始祖鳥の話が出てきています。

 多くのリサーチから、始祖鳥は過渡的であり、非鳥類型恐竜と鳥類の間に位置づけではなく、4翼飛行と2翼飛行の中間に位置していたとの話です。

 また、全ての始祖鳥標本は若い個体ゆえ、十分な飛行能力がなかったのことです。

 羽毛の色については、後に侵入した細菌との混同について、ベータカロチンの存在が、メラノソームかどうか識別できるとしています。

  他に興味深い内容としては、南極でイグアノドンに関係した恐竜化石が見つかり記載中であるとか、竜脚類の内耳を見ると、首を上下に動かしていたというより、左右に動かす進化の傾向が見られるといった話が紹介されています。
----------  コメント(0)



TREMP 2014 

  TREMP 2014は、2014年9月に、スペインのトレンプ(Tremp)で開催される国際会議です。 テーマは、白亜紀後期のヨーロッパの陸上古環境の再構築です。

 なお、トレンプ層(Tremp formation )には、白亜紀末(K/Pg境界)の500万年前のユニークな連続層が残されているそうです。

 プログラムには、フィールドトリップ(内容未定)も予定されています。
----------  コメント(0)



SVPCAアブストラクト

 古脊椎動物学・比較形態学のシンポジウム(SVPCA2013)のアブストラクト(PDF)が公開されています。

 8月末にスコットランドで開催されました。
----------  コメント(0)



SVPとGSA/米国で2つの学会

 10月27日から30日まで、デンバーで第125回の米国地質学会(GSA)年会が開催されます。発表要旨の検索ができます

 また、10月30日から11月2日まで、第73回のSVP 年会が、ロサンゼルス郡自然史博物館で開催されます。 米国は学会の秋ですね。
----------  コメント(0)



スペイン恐竜博物館めぐり

 この夏、スペインに行かれる方もおられるでしょう。Huffingtonpost がスペイン北部にある恐竜博物館を紹介しています。

 マドリードからバルセロナまでの11都市、1945マイル(3100kmあまり)の旅です。

 T.rex のSEX(2011年10月)で紹介した、交尾するT.rex の全身骨格で有名なアストリアス・ジュラシック博物館も含まれています。
 
----------  コメント(0)



恐竜コンテスト入賞作品

 スペインで開催された恐竜アートコンテストの入賞者とその作品が公開されています。

 スペインの財団(The Foundation for the Study of Dinosaurs in Castile and Leon)主催のコンテストです。
 
----------  コメント(0)



恐竜と世界の化石2013

 三重県伊賀市にある上野歴史民俗資料館では、9月9日から12月20日まで、「恐竜と世界の化石2013」が開催されます。お知らせいただきました。

 イベントとして、9月8日午後から、恐竜木彫骨格の田渕さんの木彫制作の実演見学会が開催されます。 また、10月20日には、チリモン体験会も予定されています。
 
----------  コメント(0)



フィル・カリー恐竜博物館

 フィル・カリーといえば、有名な恐竜研究者ですが、その名をつけた「the Philip J. Currie Dinosaur Museum」が、2014年6月に、地元カナダでオープンするそうです。  

 アルバータ北部で産出した恐竜化石の、研究や教育などの中心となる施設とされ、今週末には恐竜化石ボーンベッドツアーも企画されています。 
 
----------  コメント(0)



日本古生物学会年会/熊本

 日本古生物学会2013年年会は、6月28日(金)から30日(日)まで、熊本大学で開催されます。

 恐竜関係では、福井で発見されたイグアノドン類の幼体やオルニトミモサウルス類、篠山層群で発見された竜脚類の脳函などについての発表が予定されています。
----------  コメント(0)



夏の恐竜イベント

 この夏、大阪で開催される恐竜イベントです。今年も各地でイベントが予定されていますね。

  1.  
  2. 暴君王T-REX ジェーン 大阪初上陸!!「よみがえる地球の覇者!世界大恐竜展」
  3. 2013年7月13日(土)?8月25日(日)
  4. 京セラドーム大阪 9階スカイホール
  5.   
  6. 大恐竜帝国2013 in ACT
  7. 2013年7月20日(土)?9月1日(日)
  8. 大阪南港 ATCホール
----------  コメント(0)



 和歌山県立自然博物館では、特別展「発見!モササウルス」を開催します。2月9日から、3月31日までです。

 白亜紀後期(約7500万年前)の地層から発見された化石のクリーニング作業を実演し、最新情報や、発見から発掘、クリーニングまでのエピソードを紹介するそうです。
 
----------  コメント(0)



古生物学会例会/1月に横浜で

 日本古生物学会の第162回例会が、1月25日(金)-1月27日(日) の予定で横浜国立大などで開催されます。 講演タイトルが公開されていますが、恐竜からみもいくつかあります。

 また、26日午後から、小林快次さんの講演会「鳥を目指した恐竜」も予定されています。
 
----------  コメント(0)



モンゴル恐竜発掘を紹介

 大阪市立博物館で開催中の「発掘! モンゴル恐竜化石展情報」のサイトでは、 モンゴル恐竜発掘20年と題して、過去の発掘の様子が紹介されています。  

 林原--モンゴル共同調査隊の発掘のエピソードなどで、最初のスタートは、1991年12月です。
----------  コメント(0)



 千葉市にある千葉県立中央博物館では、明日20日から特別展「ティラノサウルス―肉食恐竜の世界―」が開催されます。12月24日までです。

 ティラノサウルスの全身骨格「パーフェクト・スタン」や、ケラトサウルスやアロサウルスの頭骨など約50点が展示されます。
 
----------  コメント(0)



今日は国民化石の日

 今日17日は、第3回目の国民化石(The National Fossil Day)の日です。もっとも、日本ではなくて、米国での話。

 2010年に制定され、今年のロゴはマンモス。National Fossil Dayをみると、いろいろとイベントが予定されています。

 過ごしやすくなって、化石発掘を始めるには、いい季節になったのかもしれませんね。
 
 
----------  コメント(0)



 発掘! モンゴル恐竜化石展が、11月23日から大阪市立自然史博物館で開催されます。2013年の6月2日までです。

 詳細(プレス資料、PDF)で、詳しく紹介されています。

 7つの発掘地ごとに、異なる風景や発掘の方法などを紹介するそうです。また、今回展示される標本は、ほとんどが実物化石で、日本初公開のものも多く含むとか。 見応えがありそうですね。
 
----------  コメント(0)



 東京大学総合研究博物館では、特別展、「東大古生物学―130年の軌跡」を開催しています。来年の1月11日までです。NHK が紹介しています。  

 ナウマンゾウ存在が明らかになった化石や首長竜の中から見つかったアンモナイトなど、300点が公開されるそうです。
----------  コメント(0)



 三重県伊賀市の上野歴史民俗資料館で、特別企画展「恐竜と世界の化石2012」が開催されています。 お知らせいただきました。  

 12月21日までです。タブリン(田渕)さんの木彫り恐竜骨格も多数紹介されます。タブリンさんのブログ、タブリンの窓で紹介されています。
----------  コメント(0)



 8月19日まで、岩手県陸前高田市で、科博のコラボミュージアム「アロサウルスがやってきた」が開催されています。アメーバが紹介しています。

 入場料は無料で体験イベントも予定されています。  このコラボミュージアムは、2013年4月中旬まで、岩手県や宮城県、福島県でも開催するそうです。
 
----------  コメント(0)



講演会「最新恐竜学」/長野

 各地で恐竜展が開催される夏ですが、長野市立博物館では、「よみがえれ! 恐竜たち」が開催されています。  

 本日、午後2時から真鍋さんの講演会「最新恐竜学」も予定されています。
 
 
----------  コメント(0)



カテゴリーの系統関係は、概要です。詳しくは、脊椎動物の系統関係をどうぞ
 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ


カテゴリ  ▼(広げる)▲(たたむ)