日本の新種恐竜
 現在の日本で発見・記載された新種の恐竜です。ただし、鳥類は除いています。

  Fukuivenator paradoxus の記載で、2016年2月現在、有効種は、体化石で7種、足跡化石で1種、卵化石で1種です。

 なお、今後の新種記載により、追加される予定です。


  1. 更新記録:
  2016.2.24 福井のマニラプトラ、Fukuivenator paradoxus を追加
  2015.6.30 丹波の卵化石、Nipponoolithus ramosus を追加。 

  1. 備考:
  2.  
  3. 発見された地層や系統関係などは、基本的に記載時の内容に従い、一部新しい情報を追加しています。 
  4. カタカナ名は、学名をローマ字読みしたものです。 
  5. 発見場所が現在の日本ではない場合、学名が疑問名の場合などは、その他として紹介しています。


■体骨格 

□手取層(福井県、石川県)

  1. Fukuiraptor kitadaniensis, Azuma & Currie, 2000
  2. フクイラプトル・キタダニエンシス、手取層(福井県勝山市)、白亜紀前期、アロサウロイデア(Allosauroidea)として記載されました(5)。 コエルロサウリア(Coelurosauria)とする論文もあります。 

  3. Fukuisaurus tetoriensis, Kobayashi & Azuma, 2003
  4. フクイサウルス・テトリエンシス、手取層(福井県勝山市)、白亜紀前期、イグアノドンティア(Iguanodontia)として記載されました(6)。最近では、その系統内の基盤的なハドロサウルス形類(Hadrosauriformes)とされています(10)。 

  5. Albalophosaurus yamaguchiorum, Ohashi & Barrett, 2009
  6. アルパロフォサウルス・ヤマグチオルム、手取層(石川県白山市)、白亜紀前期、鳥脚類で、所属不明の角脚類(Cerapoda)とされています(7)。 

  7. Fukuititan nipponensis, Azuma & Shibata, 2010
  8. フクイティタン・ニッポネンシス、手取層(福井県勝山市)、白亜紀前期、ティタノサウルス形類(Titanosauriformes)(8)。 

  9. Koshisaurus katsuyama, Shibata, Azuma, 2015
  10. コシサウルス。カツヤマ、手取層(福井県勝山市)、白亜紀前期、イグアノドンティアの基盤的ハドロサウロイデア(Hadrosauroidea) で、フクイサウルスより派生的とされています(10)。

  11. Fukuivenator paradoxus 
  12. Yoichi Azuma, Xing Xu, Masateru Shibata, Soichiro Kawabe, Kazunori Miyata & Takuya Imai (2016)
  13. フクイベナートル・パラドククサス、手取層(福井県勝山市)、白亜紀前期、基盤的なマニラプトラとされています(12)。


□丹波層群(兵庫県)

  1. Tambatitanis amicitiae, Saegusa & Ikeda , 2014 
  2. タンバティタニス・アミキティアエ、篠山層群(兵庫県丹波市)、白亜紀前期、ティタノサウルス形類です(9)。


■足跡化石

□神通層群(富山県) 

  1. Toyamasaurips masuiae, Masaki Matsukawa, Toshikazu Hamuro, Teruo Mizukami, Shoji Fujii, 1997
  2. トヤマサウリプス・マスイアエ、神通層群(富山県大山町・現在の富山市)、白亜紀前期、足跡化石ですが、日本で初めてとなる恐竜の学名です(4)。 
  3. 記載論文では手取層とされていました。その後、富山と岐阜県境に分布する、今まで手取層群とされてきた陸成層に、新たに神通層群が提唱され、この化石産地は、神通層群猪谷層とされています。
 

■卵化石

□丹波層群(兵庫県)

  1. Nipponoolithus ramosus,Kohei Tanaka, Darla K. Zelenitsky, Haruo Saegusa, Tadahiro Ikeda, Christopher L. DeBuhr, François Therrien, 2015
  2. ニッポノウーリサス・ラモーサス、獣脚類の卵化石で、恐竜の卵化石としては世界最小クラスとされています(11)。


■その他


  1. Nipponosaurus sachalinensis, Takumi Nagao , 1936
  2. ニッポノサウルス・サハリネンシス、樺太、白亜紀後期、ハドロサウロイデア、当時は日本の領土でしたが、現在はロシアの樺太からの発見です(1)。 

  3. Wakinosaurus satoi,Yoshihiko Okazaki, 1992
  4. ワキノサウルス・サトイ、福岡県宮田町、関門層群・脇野亜層群、白亜紀前期、獣脚類。福岡で発見され記載されました(2)。不完全な歯1本からの記載なこともあり、疑問名とされています(3)。





  1. References:
  2.  
  3. (1)Takumi Nagao , 1936 
  4. Nipponosaurus sachalinensis: A new genus and species of trachodont dinosaur from Japanese Saghalien 
  5. Journal of Faculty of Science of Hokkaido Imperial University, Series 4 3:185-220. (pdf) 

  6. (2)Yoshihiko Okazaki, 1992 
  7. A new genus and species of carnivorous dinosaur from the Lower Cretaceous Kwanmon Group, northern Kyushu. 
  8. Bulletin of the Kitakyushu Museum of Natural History 11:87-90 (pdf) 

  9. (3)David B. Weishampel, Peter Dodson, Halszka Osmólska 
  10. The dinosauria (Second Edition), 2007 p.78

  11. (4)Masaki Matsukawa, Toshikazu Hamuro, Teruo Mizukami, Shoji Fujii, 1996 
  12. First trackway evidence of gregarious dinosaurs from the Lower Cretaceous Tetori Group of eastern Toyama prefecture, central Japan 
  13. Cretaceous Research, 18(4), p.603-619 
  14. doi:10.1006/cres.1997.0075 

  15. (5)Yoichi Azuma and Philip J. Currie, 2000 
  16. A new carnosaur (Dinosauria: Theropoda) from the Lower Cretaceous of Japan 
  17. Can. J. Earth Sci. 37: 1735-1753 
  18. doi: 10.1139/e00-064 

  19. (6)Yoshitsugu Kobayashi & Yoichi Azuma, 2003 
  20. A new iguanodontian (Dinosauria; Ornithopoda), form the lower Cretaceous Kitadani Formation of Fukui Prefecture, Japan".  Journal of Vertebrate Paleontology 23(1): 166-175 
  21. doi: 10.1671/0272-4634(2003)23[166:ANIDOF]2.0.CO;2 

  22. (7)Tomoyuki Ohashi and Paul M. Barrett, 2009 
  23. A New Ornithischian Dinosaur from the Lower Cretaceous Kuwajima Formation of Japan 
  24. Journal of Vertebrate Paleontology 29(3):748-757 
  25. doi:10.1671/039.029.0306 

  26. (8) Yoichi AZUMA, Masateru SHIBATA, 2009 
  27. Fukuititan nipponensis, A New Titanosauriform Sauropod from the Early Cretaceous Tetori Group of Fukui Prefecture, Japan 
  28. Acta Geologica Sinica,84(3), p.454-462 

  29. (9) Haruo Saegusa & Tadahiro Ikeda , 2014 
  30. A new titanosauriform sauropod (Dinosauria: Saurischia) from the Lower Cretaceous of Hyogo, Japan 
  31. Zootaxa 3848, (1): 1-66 (pdf) 
  32. Doi:10.11646/zootaxa.3848.1.1 

  33. (10) Masateru Shibata, Yoichi Azuma, 2015 
  34. New basal hadrosauroid (Dinosauria: Ornithopoda) from the Lower Cretaceous Kitadani Formation, Fukui, central Japan
  35. Zootaxa, 3914(4) 
  36. Doi:10.11646/zootaxa.3914.4.3 

  37. (11) Kohei Tanaka, Darla K. Zelenitsky, Haruo Saegusa, Tadahiro Ikeda, Christopher L. DeBuhr, François Therrien, 2015 
  38. Dinosaur eggshell assemblage from Japan reveals unknown diversity of small theropods 
  39. Cretaceous Research, Available online 29 June 2015 
  40. doi:10.1016/j.cretres.2015.06.002

  41. (12) Yoichi Azuma, Xing Xu, Masateru Shibata, Soichiro Kawabe, Kazunori
    Miyata & Takuya Imai , 2016
    A bizarre theropod from the Early Cretaceous of Japan highlighting
    mosaic evolution among coelurosaurians.
    Scientific Reports 6, Article number: 20478 , 2016
    doi:10.1038/srep20478





2015年 2月 11日(水)
基本的なことや興味深い話題を紹介しています。

アーカイブ